メンバーになって投稿してみよう!
赤西渓谷の自然環境を保全。一般車両の乗り入れを規制|宍粟市

赤西渓谷の自然環境を保全。一般車両の乗り入れを規制|宍粟市

赤西渓谷(宍粟市波賀町原)の林道で7月20日から、一般車両の乗り入れが規制されます。

規制されるのは市道赤西線終点付近(市営上水道取水施設付近)で林道上に上下式の車止めを設置し、一般車両の乗り入れについては通年規制。

軽車両(自転車)は通行可能で森林セラピーとサイクリングを組み合わせたセラピーバイクの取り組みは継続されます。

アウトドア人気が高まり渓谷内でキャンプをする人が増え、ごみの放置やたき火など渓谷の自然環境を脅かす事例が増加しており、宍粟市によると渓谷一帯の豊かな森林や水質の保全と自然観察など安全に渓谷を利用できる環境の維持していくことが目的。

※トップ画像:渓谷の損傷した樹木 ©宍粟市

赤西渓谷の自然環境を保全。一般車両の乗り入れを規制|宍粟市

ゴミの散乱

スポンサーリンク

規制場所

  • 国道29号からA地点を経由し、B地点までの市道区間は一般車両通行可。
  • B地点からC地点までの林道区間を新たに規制。C地点以降の林道は現状も規制中。

赤西渓谷の自然環境を保全。一般車両の乗り入れを規制|宍粟市

参考マップ

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました