メンバーになって投稿してみよう!
満月

7月14日はスーパーバックムーン。2022年最大の満月を見よう

地球からの月の見た目が、その年最大となる際に用いられることの多い「スーパームーン」。

2022年7月13日の夜から14日の明け方にかけての満月は、地球の中心と月の中心の間の距離が約35万7400キロメートルとなり、2022年でもっとも地球に近い満月になります。

7月14日はスーパーバックムーン。2022年最大の満月を見よう

©National Astronomical Observatory of Japan.

国立天文台によれば最も遠い距離の満月は2022年1月18日でしたが、比較すると視直径が約12パーセント大きく、光っている面積が約26パーセント広い(その分明るい)と言います。

7月14日はスーパーバックムーン。2022年最大の満月を見よう

©National Astronomical Observatory of Japan.

※6月の満月は2022年2番目に近い約36万7400km。

最大の月を「スーパームーン」とした場合、観察している人と月との距離によって決まるため、天文学の正式な用語ではありませんが、このような話題をきっかけに月や夜空を眺め宇宙の面白さに目を向けていただければ、と国立天文台。

7月の満月は日本語では「牡鹿月」、アメリカでは牡鹿の角(Buck)が夏にかけて新しい角が生え成長することから「バックムーン」と呼ばれています。

2022年7月14日の満月は「スーパーバックムーン」といったところでしょうか。

「スーパームーン」ってなに?(国立天文台)

スポンサーリンク

2022年7月の満月「バックムーン」

7月14日はスーパーバックムーン。2022年最大の満月を見よう

©National Astronomical Observatory of Japan.

日時2022年7月14日 3:38

正確な満月の時間は7月14日 3:38ですが、前日13日からの月も肉眼では満月に見えるでしょう。

月の出は南東方向に20時ぐらい。天気次第ですが明け方まで観測ができそうです。

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました