地域とトレンドをつなぐ情報サイト|いいものタウン

巨大干支飾りの制作の裏側。11年目は『丑』|市川町

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町 地域
地域 暮らし
スポンサーリンク

神崎郡市川町の十柱神社(とはしらじんじゃ)の巨大干支飾りはその緻密さ、丁寧な技から年々注目度が上昇。

2019年12月に奉納された「子(ネズミ)」はその愛くるしさもあって多くの人が参拝に訪れられたそう。そんな十柱神社の干支飾りが2020年も奉納に向けて制作が進んでいます。

上瀬加公民館

上瀬加公民館

通りかかったところ、4、5名の方が作業中。2021年の干支「丑」の制作が進んでいました。

巨大干支飾り

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

市川町上瀬加(かみせか)には複数の地区がありますが上瀬加全体の「古代米の会」の有志で制作されている干支飾りは2020年で11年目。

干支飾りの稲刈り後の9月から制作が始められ完成まで約3ヶ月。デザインと設計は建築業の経験があるお一人が担当されているようで将来的な後継者については大きな問題だそう。

古代米の会
古代米の会
「卯(ウサギ)」から初めたので来年の「寅(トラ)」でちょうど一周するねん。それまではつづけたいですね

奉納は202112月20日(日)の予定で2021年の桜のシーズンが終わる頃まで見ることができます。

サイト内関連:十柱神社(とはしらじんじゃ)干支飾り | 市川町上瀬加

干支飾り制作の流れ

模型・原型作り

写真などの素材から模型作り。こちらは骨組みとなるベニヤ板などの構造。

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

細部の作りこみがすごい、干支の顔の部分は稲ワラで覆うイメージの元になる模型も。

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

稲藁で表面を覆っていく

胴体部分

奉納後は見ることができない干支飾りの内部。

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

顔部分

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

頭の裏側から

巨大干支飾り 『丑』の製作現場に訪問してみた|市川町

上瀬加地区の有志の皆さんが作成して奉納される藁製の巨大干支飾り。2021年は12月20日に奉納予定。

十柱神社

所在地: 〒679-2303 兵庫県神崎郡市川町上瀬加1729−1

十柱神社(とはしらじんじゃ)干支飾り | 市川町上瀬加

※2020年の干支「子(ネズミ)」の様子

0

※記載内容は 2020年12月14日 時点の情報のため、最新情報と異なる場合があります。
※商品・サービスについては販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出展元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

新栄デリバリー
いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました