メンバーになって投稿してみよう!

【幸楽苑】非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始|ラーメン業界日本初

【幸楽苑】非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始|ラーメン業界日本初
グルメ ビジネス

株式会社幸楽苑ホールディングス(以下:幸楽苑)は、新型コロナウイルス感染症の予防対策や人手不足解消を目的とし、2020年8月27日(木)より本宮店(福島県本宮市)にてAIを活用した非接触型の自動配膳ロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」導入の実証実験を開始します。

配膳ロボット「K-1号」導入の背景

新型コロナウイルス感染症の対策として、非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトできることから、配膳ロボットの導入に至った、と幸楽苑。

ロボットにはセンサーが搭載されており、人や物にぶつからず安全に走行でき、音声案内も可能。

【幸楽苑】非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始|ラーメン業界日本初

配膳ロボット「K-1号」利用の流れ

お客様がテーブルに設置してあるタブレットで料理を注文後、店舗スタッフが注文内容を確認。出来上がった料理をロボットのトレーに乗せ、タッチパネルで移動を指示すると、お客様の席まで料理を運びます。

お客様が料理を受け取った後、ロボットの音声案内にしたがい、頭のセンサー部分に手をかざすとロボットは厨房に戻る模様。

2020年8月現在、幸楽苑本宮店での実証実験ですが状況によって全国のチェーン店にも導入されるのか気になるところ。

0

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

情報掲載
いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました