地域とトレンドをつなぐ情報サイト|いいものタウン
イベント

【福崎町】三木家資料保存ワークショップ|下張り文書をはがしてみよう

三木家住宅のふすまの下張りに使われた文書をはがし、資料として保存する作業を行います。

大人から子どもまで、誰でも簡単にチャレンジできますので、地域の資料に触れる貴重な体験をしてみませんか。(参加無料)

令和3年度は、2か月に1回(5月・7月・9月・11月・1月・3月)、計6回の実施を予定しています。

スポンサーリンク

下張り文書

昔のふすまや屏風、壁には、補強や断熱などのための下張りに、反故紙(帳簿や手紙、書付などの使い古した不要な紙)を使用していました。

三木家資料保存ワークショップ

第一回 日時5月9日(日)10:00~11:30
場所歴史民俗資料館2階
対象者小学校高学年以上
定員10名程度
申し込み・問い合わせ福崎町役場社会教育課

※1回のみの参加可。

※作業の見学もできます。興味のある方は、開催時間内に会場へお越しください。(見学の事前申込は不要です。)

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントは一般公開されます。メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能です。
※個人情報の記入はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました