メンバーになって投稿してみよう!
【神崎郡】定番から穴場までオススメ紫陽花(アジサイ)スポット

近畿地方、令和4年梅雨入り。昨年より2日遅く

気象庁は6月14日、近畿地方の梅雨入りを発表。あわせて北陸地方、東海地方、中国地方についても梅雨入りしたことが発表されました。

近畿地方の梅雨入りは昨年より2日遅く、平年では8日遅くなっていますが、今回の発表は速報値であり、後日確定値としては変更になる場合があります。なお、令和3年の近畿地方の梅雨明けは7月19日ごろ。(平年7月17日ごろ )

※「平年」は、令和2年(2020年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付

※トップ画像:神河町猪篠のアジサイ

スポンサーリンク

「ごろ」と付く理由

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象。梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があることから気象庁では移り変わりの期間の概ね中日を、「梅雨入り」「梅雨明け」として発表しています。

なお、梅雨入り、梅雨明けの速報値は気象庁では梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、改めて統計値として確定値(日)として変更になる場合があります

梅雨のあれこれ(近畿版)

もっとも遅い梅雨入り2019年6月27日ごろ
もっとも早い梅雨明け1978年7月3日ごろ(梅雨の期間22日)
もっとも遅い梅雨明け2009年8月3日ごろ(梅雨の期間61日)
梅雨の期間が最短1958年(6月25日~7月12日までの17日間)
梅雨の期間が最長2009年(6月3日~8月3日までの61日間)

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました