身近な話題を投稿してみよう!
分析

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

Google Search Console(サーチコンソール)画面から「Search Console Insights(サーチコンソール インサイツ)」にアクセスが可能になりました。

2020年8月頃に一部ユーザー向けにテスト版が公開されていた「Search Console Insights」ですがGoogle Search Consoleが利用できるユーザー(サイトと連携済み)であればどなたでも利用することができます。

2021年6月現在、Search Console Insights では Google Analytics UA プロパティのみがサポートされています。Google Analytics 4(GA4)プロパティについては今後対応予定

なんのこと?という方向けにざっくりまとめると

サイトの分析には「Google Search Console(サーチコンソール)」「Google アナリティクス」の取り扱い方や見方を覚える必要がありましたが「Search Console Insights」の利用開始で専門知識がなくとも自社サイトの状況が、ある程度把握できるになりました。

Google サーチコンソール(通称:サチコ)に現れた案内表示

2021年6月も半ばを過ぎたころ、サーチコンソールアクセスすると「新しいコンテンツのパフォーマンスを確認できます SEARCH CONSOLE INSIGHTS」という見慣れない表示。

うさ(仮)
うさ(仮)
新しい機能が追加?

【Search Console Insights】ベータ版が公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを確認できる

Search Console Insights とは

従来であれば、WEBサイトのコンテンツの改善に必要なデータのひとつとして、流入キーワードをサーチコンソールの「検索結果のパフォーマンス」で確認を行い、GA(Google Analytics※アナリティクス)でサイトへのアクセス経路や参照リンク(リファラー)を調べるというパターンでしたが、操作には若干知識が必要なこともあり、使い方が分からない、という方も多かったのではないでしょうか。

ねこさん
ねこさん
操作方法が難しい!よくわかんない!

Search Console InsightsではサーチコンソールとGAを連携させ、視覚的に表示させることで特に専門知識が無くても「どんなキーワードで検索されているか」「検索の平均順位」「閲覧時間の多い記事」「SNSからの流入数」といったことを容易に確認することができます。

Googleによると「コンテンツ クリエイターとパブリッシャー向けの新しいエクスペリエンスです。オーディエンスが自サイトのコンテンツをどのように見つけ、何に興味を引かれるのかを把握するのに役立ちます。」とのこと。

Search Console Insights で確認できること

  • 最高のパフォーマンスを示しているコンテンツは何か?
  • 新しいコンテンツのパフォーマンスはどうか?
  • 自分のコンテンツはウェブでどのように発見されるのか?
  • 自分のコンテンツにユーザーがアクセスする際、Google で何を検索したのか?
  • 自分のウェブサイトとコンテンツをユーザーに紹介しているのは、どの記事か?

Search Console Insights を試してみた

Gooogleアカウント(xxx@gmail.com 等)でログインしていない場合はログイン画面になりますが、サーチコンソール、また「検索結果のGoogle Search Console」機能からアクセスが可能です。また直接リンクからもOK。

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

いくつかのサイトを管理していますが「表示対象となるデータは過去28日間」は共通ですが、サイト規模やアナリティクスとの連携状況によって表示されるデータは異なります。

サイトによって異なる表示されるデータ

サイト情報表示内容
サイト1(運営3年 GA連携あり 月10万人以上~)・全期間のページビュー
・サイトの概要(グラフ)
・新しいコンテンツ(過去 28 日間のものです。コンテンツが表示されるまで約 1 時間かかる場合あり)
・最も人気のコンテンツ(過去 28 日間のページビュー別)
・訪問者のアクセス元のチャネル
・Google でのサイトへのアクセス経路
・サイトにリンクしているウェブ上のページ
・ソーシャル メディアからのサイトへのアクセス経路
サイト2(運営2年 GA連携なし 月1000人未満)・サイトの概要(クリック数 検索ワード)
サイト3(運営1年 GA連携なし 月100人未満)・表示データなし
サイト4(運営2年 GA4連携あり 月1000人未満)・サイトの概要(クリック数 検索ワード)
サイト5(運営3年 GA連携あり 月5000人~)・全期間のページビュー
・サイトの概要(グラフ)
・新しいコンテンツ(過去 28 日間のものです。コンテンツが表示されるまで約 1 時間かかる場合あり)
・最も人気のコンテンツ(過去 28 日間のページビュー別)
・訪問者のアクセス元のチャネル
・Google でのサイトへのアクセス経路
・サイトにリンクしているウェブ上のページ
・ソーシャル メディアからのサイトへのアクセス経路

Search Console Insightsを利用するにはアナリティクスとの連携が必須

全期間のページビューが表示されるにはサイト開設(サーチコンソールとの連携)から一定期間以上あり、かつサーチコンソールとアナリティクス(GA)と連携が完了しているサイトで全期間のページビューの表示と過去28日間の推移グラフが確認できました。

サーチコンソールとアナリティクス(GA)の連携ができている場合

※とあるサイトデータ

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

 

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

サーチコンソールとアナリティクス(GA)を連携していない場合

サーチコンソールでも確認可能なGoogle 検索からの検索ワードのみ表示

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

ちょっとデータ量がさびしい。

さらにデータ量が少ないサイトの場合

【Search Console Insights】ベータ版が一般公開。サイトコンテンツのパフォーマンスを容易に確認できる

まとめ

2021年6月現在、新しいアナリティクスGA4には対応していませんが、サーチコンソールとアナリティクス(GA)を連携しているサイトであれば容易に利用ができる「Search Console Insights」。

慣れないとちょっと操作や画面の見方が難しい、サーチコンソールとアナリティクス(GA)と違い、手軽にサイトの「人気記事」や「検索キーワード」「流入経路(どこからアクセス)」しているかということを確認することができます。

普段サイト分析は他者業者に任せている、自分のサイトがどうなっているかわからない、という方にはサイト分析の基本ツールとして利用できるは良い点。

すでにサーチコンソールとアナリティクス(GA)で分析を行っているユーザーにとっては表示されるデータの種類や期間が限定されていることもあり、利用すること少ないかと思われますが現時点ではBETA版。今後あらたな仕様になることも考えられます。

初回公開日:2021年06月17日

IT
福崎町の観光情報なら「福崎町観光協会」
メール会員募集
いいものタウン

COMMENT

いいものタウン ITS事業部

いいものタウンの中のWeb担当(うさ)。兵庫県商工会連合会、登録専門家。おもにIT系ニュースやインターネット、SNS、PCのトラブルの話題を発信しています。

Follow
投稿機能