メンバーになって投稿してみよう!
Googleのインデックス登録ができない場合の原因と対応

Googleのインデックス登録ができない場合の原因と対応

ホームページやブログで新しく記事を公開したものの、検索結果に表示されない、表示するにはどうすればよいのか、といったご相談を受けることがあります。

基本的には検索エンジン(Google、bing等)にインデックス(ページの登録)が行われることで検索結果に表示されますが、どういった場合にインデックス登録が行われないのか、また当サイトで実際に起きた、例外的に急にインデックスが行われなくなった場合の原因や手動での登録方法について紹介しています。

なにかしらインデックス登録(検索結果リストへの登録)の異常を感じた場合は、まずGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)へアクセスしましょう。(Googleの場合)

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)を管理していない、アクセス権がない、という場合はGoogle Chromeで「site:○○○※ドメイン」を入力し、インデックスの登録数を確認することも可能です。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

該当ページのURLの登録状況の確認

サーチコンソール上部にはURLを入力する部分がありますが、こちらに該当URLを入力するとページのインデックス状況を確認することができます。

検索結果に表示されない、「site:」でも表示されない場合の大半は「URLがGoogleに登録されていません」となっているかと思います。

ねこさん
ねこさん
登録されていないので、検索には表示されないよーってこと。

Googleのインデックス登録ができない場合の原因と対応

例外的に登録されていても検索結果に表示されない場合がありますが、YMYL(Your Money or Your Life)の関係であえて表示されないケースもあります。

「URLがGoogleに登録されていません」とは

このメッセージが出る一般的な理由としては

  • 該当ページを公開してすぐ
  • 該当ページのインデックス登録の拒否をしている
  • 該当ページが読み込めない
  • サイトマップの読み込み不良

といった状況で「インデックスに登録できない状況」と考えられます。

「該当ページを公開してすぐ」

待ちましょう。(サイトにもよりますが数分から数日)なお緊急を要する場合は、手動でインデックス登録のリクエストを行うことで優先的にインデックス登録を促すことができます。

インデックス登録の拒否

プラグインの更新や function.php の編集等で誤った設定を行った場合に、インデックス登録が拒否になっている場合があります。(逆も有り※noindex→index、またはnoindexが削除)

思い当たる節があれば「noindex」の解除を行いましょう。

特に変更を行っていない場合は単一ページにnoindexが付与されることは無いでしょう。

robots.txt テスターで robots.txt をテストする」該当ページをテスターで確認することも可能です。

PR

「該当ページが読み込めない」「サイトマップの読み込み不良」

サイト全体、サーバーのエラーを確認しましょう。

サイトマップについては登録しているサイトマップURLにアクセスして表示されるかどうか。対応方法として「sitemap.xml」には月毎のサイトマップが含まれるリストの場合は更新が必要な月のみのサイトマップを新たに登録するのも方法のひとつです。

手動でのインデックス登録の方法

サーチコンソール内のURL検索結果に対して「①公開URLテスト」を行い、問題が無ければ「②インデックス登録をリクエスト」することでインデックス登録を行うことが可能です。

なお、手動での登録は緊急な公開が必要な場合等に限られ、単に早く登録したい、という場合はおすすめできません。(自然な登録を待ちましょう)

Googleのインデックス登録ができない場合の原因と対応

事例:公開URLテストがエラー

突然インデックス登録ができない

WEB担 うさ
WEB担 うさ
8月15日正午過ぎのこと、ふと気が付けば新規公開ページがインデックス登録されていない状況になっていることに気がつきました。

なぜ気が付いたのか、という話になると少し特殊なケースですが、当サイトでは特定条件下の新規公開ページについてはGoogleニュースへ掲載する仕組みにしていますが、新規記事が掲載されていないという状況。

少なくとも最新の数件について掲載になっていない。おかしい

Googleのインデックス登録ができない場合の原因と対応

先述の「インデックスが登録できない場合」の各項目について調べてみます。

登録可能なURLかどうかをチェック

インデックス登録に異常を感じたら、まずはサーチコンソールへアクセス。該当URLのインデックスの状況を確認してみます。

この結果によってなにかしら理由が分かるものと考えていたのですが、今回のケースではエラーがでて先に進むことが出来ない状況。

なお、登録済みのURLについても公開URLがエラー。これはおかしい。

とにかく公開URLがGoogleから公開ページについて読み込めていない状況、というのは判明。

念のため別の管理しているサイト(同サーバー)のサーチコンソールを開いてみたものの状況は変わらず。別サーバーのサイトでも同じ状況。(公開URL)のテストができない。

なぜ?

こうなってくると「サーバー」か「Google」よるものかと思われますが「Google」に問題が発生した場合の影響は計り知れないため、次に考えられるのは「サーバー」。

サーバーを確認してみるとセキュリティ強化のため、DNSが変更になっていることを確認。ただ2週間ほど前の話で実際にDNSが使えなくなるのは2022年の話。

ひとまずDNSの変更をしてみたものの、数時間も待つことができず。

結局リストア

少なくとも15日の7時半までは正常にインデックス登録ができているのを確認したため、15日2時ごろのバックアップから復元したところ、30分も立たずにインデックスされるようになりました。

Googleのインデックス登録ができない場合の原因と対応

DNSによるものか、サイトによるものか結局不明。原因が特定できない場合は最終かつ最強の手段、リストアも視野に入れるものありかも。

 

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
投稿機能
タイトルとURLをコピーしました