メンバーになって投稿してみよう!
御城印

【姫路城】御城印(入城記念書)と御城印帳|ココが違う!歴代の家紋や文字デザイン

姫路城入城記念書(御城印※ごじょういん)が2021年8月より新デザインになって登場。

家紋は姫路藩主であった榊原家の家紋「源氏車」となっています。

また御城印帳(通常版)についても販売が1,000冊を突破し、これまで姫路城売店(出改札横)のみで販売でしたが、8月から姫路駅すぐ南の播産館店舗(じばさんびる1F)と播産館 Yahoo!店で販売が開始されます。

御城印(ごじょういん)とは

スタンプに代わる登城証明(兼おみやげ)として集める人が増えている御城印。

お寺や神社でいただく「御朱印(ごしゅいん)」のお城版といった所でしょうか。2018年頃より急速に御城印を取り扱うお城が増えています。

兵庫県の御城印

黒井城丹波市
篠山城丹波篠山市
竹田城跡朝来市
尼崎城尼崎市
洲本城洲本市
姫路城姫路市
山崎城宍粟市

過去には国宝城郭都市観光協議会が発行する国宝五城オリジナル御城印が登場している姫路城ですが姫路城単体での御城印は2020年2月に初登場。(発行元:公益社団法人 姫路観光コンベンションビューロー)

姫路城 御城印(ごじょういん)|2021年

姫路城入城記念書(御城印)令和3年8月より

 

御城印

御城印の価格と販売場所

価格1枚300円(税込)
デザインについて姫路藩主榊原忠次公によって再建された増位山随願寺の本堂天井に残る狩野探幽作と伝わる天井画より抽出しています。増位山随願寺には榊原忠次公、政邦公の墓所もあり、本尊の木造薬師如来座像は兵庫県指定文化財、脇侍の木造毘沙門天立像は国指定重要文化財でその他にも本堂、経蔵、開山堂などが国指定重要文化財に指定されています。

家紋は姫路藩主であった榊原家の家紋「源氏車」です。

注意点

入城記念書(御城印)は各デザイン、お一人様3枚までの販売とさせていただきます。

入城記念書(御城印)は姫路城に入城された方に対しての販売となります。購入の際に入場券の半券もしくはそれに類するものの提示をお願いいたします。

入城記念書(御城印)をお買い求めの際は姫路城入城券を16:00までにお買い求めいただき、姫路城へご入城ください。季節やコロナウイルス感染状況によっては入城時間が変更となる場合がございます。

販売期間
令和3年8月1日(日)~令和4年1月31日(月)
販売場所
姫路城売店(姫路城出改札横)
販売時間
午前9時00分から午後5時00分まで

姫路城

©姫路市

御城印と併せて城印帳

PR

姫路城御城印帳 3,500円(税込)

価格3,500円(税込)
デザインについて平安時代から多くの和歌に「飾磨のかち」などと詠まれた「かちん染め」の色合いをモチーフにした濃紺色です。

姫路城御城印帳(姫革細工カバー付)16,000円(税込)

姫路城御城印帳 2021

画像©姫路市

価格16,000円(税込)
デザインについて上記の御城印帳に、姫路市名産である「白くなめした牛革」を使用したカバーを付けた特別な一品です。

黒田官兵衛ゆかりの地として黒田家の家紋と、江戸時代の歴代姫路城主の家紋を使用

御城印及び御城印帳に関するお問い合わせ先

姫路城入城記念書(御城印)及び姫路城御城印帳については、販売元である(公社)姫路観光コンベンションビューローまで

(公社)姫路観光コンベンションビューロー

電話番号 079-222-2285

公益社団法人姫路観光コンベンションビューロー

次ページ:「過去に登場した姫路城の御城印デザイン」

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
投稿機能
タイトルとURLをコピーしました