身近な話題を投稿してみよう!

【2023】年初め、流星群初め。三大流星群「しぶんぎ座流星群」4日ピークに

流星

8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれる「しぶんぎ座流星群」。

例年安定して多くの流星が出現するペルセウス座流星群、ふたご座流星群と比べ、しぶんぎ座流星群は流星の出現数が年によって変化することでも知られています。2023年のしぶんぎ座流星群の活動のピークは1月4日12時頃と予想されています。

昼間の時間帯にあたり観察することができませんので、これより早い4日の未明が見ごろとなりそう、と国立天文台。

2023 しぶんぎ座流星群

年初め、流星群初め。三大流星群「しぶんぎ座流星群」4日ピークに

©国立天文台

極大の日時1月4日12時頃
月明かりの影響満月前の月明かりの影響で、見える流星の数は多くありません。
流星の数空の暗い場所で1時間あたり25個程度

見るときのポイント

流星は、放射点を中心に放射状に出現するため、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。

しぶんぎ座

流星群の名前に使われている「しぶんぎ座」は、現在では存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星座に由来します。放射点は北斗七星を目安にかんむり座、りゅう座の真ん中あたり。

ねこさん
ねこさん
星座を確認できるアプリがあると便利!

COMMENT

※「イベント」カテゴリー内

妖精が顔出すパンケーキ専門店「こびとぱん福崎店」
協賛企業募集中
タイトルとURLをコピーしました