メンバーになって投稿してみよう!
月食

86分間「皆既月食」を見よう!秋の夜空の天体ショー

2022年11月8日(火)の夜は「皆既月食」を全国各地で観察することができます。

多くの地域で月の高度がある程度高くなる時間帯に皆既食(total eclipse)となり、天気がよければ観察しやすい好条件

秋の夜空の「皆既月食」を見よう!3時間40分の天体ショー

©国立天文台

「ほぼ皆既月食」や「大部分月食」等と呼ばれた2021年11月以来の1年ぶりの月食で次回は2023年10月29日(明け方)

月食とは、太陽と月が地球をはさんではぼ1直線状に並び、月が地球の陰に隠れる現象で月食が観察できるのは「満月(望)」に限られます。

なお、月の公転軌道面は地球の公転軌道面である黄道面に対して5.1°程度傾いているため満月のたびに月食となるわけでなく、約半年に1回程度。

トップ画像:2021年11月の部分月食 ©NASA

スポンサーリンク

3時間40分にわたって観察できる「月食」

月は、18時9分から欠け始め、19時16分に皆既食(地球の影に完全に隠れる)となります。

皆既食は20時42分までの86分間続き、皆既食の間は「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に。

その後は徐々に地球の影から抜け、21時49分に部分食が終わります。部分食から皆既食、部分食へと月が地球の影に隠れる月食はトータルで3時間40分。

観測できる日2022年11月8日
観測できる方角東の空
部分食の始まり18時9分~
皆既食19時16分~20時42分
部分食の終わり21時49分
スポンサーリンク

姫路市での月の高度

時間高度(°)
部分食の始め18h08.9m14.1
皆既食の始め19h16.3m27.5
食の最大19h59.2m36.2
皆既食の終り20h42.0m44.8
部分食の終り21h49.4m57.8

月に隠れる青い惑星「天王星」

月食の最中に月が天王星を隠す「天王星食」も起こります(小笠原諸島を除く日本のほとんどの場所)。

天王星は約6等級で、条件の良い空でも肉眼で見える限界の明るさ。通常の満月時であれば見つけることは困難ですが、「普段の満月のすぐ近くであれば、圧倒的な明るさに負けてしまいますが、多くの地域では天王星の潜入時に月が皆既食中で暗いため、見つけやすいのではないでしょうか」と国立天文台。

天王星食は緯度によって若干時間が異なりますが、関西であれば20時30分ごろから天王星がつきに隠れ始め、出現するのは21時20分ごろとなっています。

©国立天文台

©国立天文台

実際の皆既月食の様子

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※匿名、ニックネームでコメントが可能です。メールアドレスは任意ですが返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは編集部で確認の上、公開されます。
タイトルとURLをコピーしました