身近な話題を投稿してみよう!

一期一会。5万年ぶりに最接近!緑に輝くZTF彗星を観察しよう

彗星

2022年3月にZwicky Transient Facilityによって発見されたZTF彗星(C/2022E3)が2023年2月2日に地球に最接近。

なお日本など北半球では1月中旬時点で最高点に到達する夜明け前に東の空ですでに観測ができ、暗い空では双眼鏡で観測できる明るさに。(1月11時点6.6等)

※トップ:彗星のイメージ

2023年1月13日に太陽に最接近し、その後は地球を通過します。地球へは2月2日に、約4,200万キロメートルま最接近。その際の明るさは5等程度と予想されています。

1月から2月にかけて接近するZTF彗星は夜明け前の東の空から夜中の北の空へと移動。2月になると夕方の北から北西の空でも観測できるようになります。

ZTF彗星を示す、C/2022E3の「C」は非周期彗星、または長周期彗星とされ、天文学、惑星科学など陽系を中心とする宇宙開発の啓蒙活動を目的とする惑星協会(ThePlanetarySociety)によれば、その周期は約5万年。

惑星協会によれば「地球に近づくにつれて明るくなり、見やすくなると予想されます」とのこと。

2020年のネオワイズ彗星ほど長い「彗星の尾」を持つ可能性は低いですが、約5万年周期と言われるZTF彗星を見ることができるのは一生のうちでも今回限り。

ネオワイズ彗星

ネオワイズ彗星

星空アプリなどを活用して5万年のロマンと共に夜空を見上げてみては。

COMMENT

※「イベント」カテゴリー内

マツモト自動車
メール会員募集
タイトルとURLをコピーしました