身近な話題を投稿してみよう!
イベント

24年ぶりの20秒間。月から火星が出現する「火星食」を見よう

月

2022年7月21日の深夜から22日未明にかけて、月が火星を覆う「火星食」が九州以西を除く日本広域で見ることができます。

夜に火星食が観測できるのは1998年11月以来の24年ぶり。

ねこさん
ねこさん
「火星食」?「宇宙食」みたいな?
うさ
うさ
「食」とは天文現象として天体が別の天体に隠れることで全部、または一部が欠けてみえる現象で、対象天体が太陽であれば「日食」、月であれば「月食」。

兵庫県など関東の大部分から中部、近畿、中国、四国の各地方では火星が月に隠れた状態で昇ってきて、月の暗い縁から出現のみ地平線上で見ることができます。

火星が月から出現し出現完了(火星食の終わり)までは約20秒程度のため、観測するためには少し早めの準備が必要となりそうです。

National Astronomical Observatory of Japan.

©National Astronomical Observatory of Japan.

「火星食」2022

国立天文台によれば、各地の月の出の前後に起こり、関東の大部分から中部、近畿、中国、四国の各地方では、火星が月に隠れた状態で昇ってきて、出現のみ地平線上で見ることができるよう。

日本の北東側では、地平線上に昇ってから火星の潜入が起こり、全経過を見ることができる地域も。

なお、極めて低い高度(姫路市では月の高度3°~3.1°)で起きるので、東の地平線付近まで地上の障害物や雲・霞などが無く開けている場所がいいでしょう。

24年ぶり!月が火星を覆う「火星食」を見よう

©National Astronomical Observatory of Japan.

都市別の「火星食」

都市月から火星の出現開始
姫路(姫路城あたり)2022/07/22 0:15:57
東京
2022/07/22 0:15:17
名古屋2022/07/22 0:15:33
京都2022/07/22 0:15:48
広島2022/07/22 0:16:07

※出現開始から出現終了までは約20秒。経度緯度により出現時刻は異なりますが目安としては22日の0時15分から16分。

「姫路市(夢前町)」での見え方
©National Astronomical Observatory of Japan.

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました