メンバーになって投稿してみよう!
【福崎町】妖怪プラモ第3弾「鬼 ONI」発売開始!3つ集めてGTO

【福崎町】妖怪プラモデルシリーズのまとめ|河童・天狗・鬼

「日本民俗学の父」と呼ばれる柳田國男(文化勲章受章、福崎町名誉町民第1号)生誕の地、福崎町は全国的には「妖怪の町」としても知られます。

そんな福崎町から「妖怪プラモ」シリーズが販売開始。

福崎町観光協会公式サイトや観光交流センター、大手ネットモール等で購入が可能です。

※「プラモ」は日本プラモ工業協同組合の商標です。

スポンサーリンク

妖怪プラモシリーズ

作るのは結構「ガチ」め

福崎町の妖怪プラモはすべて「組み立て塗装が必要」。接着剤で組み立て、継ぎ目などにはパテで補修したりと別途、工具、塗料等が必要な本格派。

もっともパーツの多い「河童のガジロウ」は対象年齢が8歳以上となっていましたが、以降については対象年齢は15歳以上となっています。

【福崎町】妖怪プラモ第3弾「鬼 ONI」発売開始!3つ集めてGTO

画像・©福崎町観光協会

画像・©福崎町観光協会

妖怪プラモの比較

河童(ガジロウ)※完売天狗※完売
材質ABSABSプラスチック
パーツ点数31点29点24点
商品サイズ高87mm×幅35mm×奥50mm高100mm×幅150mm×奥100mm高74mm×幅82mm×奥44mm
対象年齢8才以上15才以上15才以上
定価(税込)¥1,375¥2,340¥1,980
製造中国中国日本

妖怪プラモ第1弾「河童のガジロウ GAJIROU」

2022年9月上旬に蓄光Ver.で再々販売。

手には『尻子玉』を持っています。

妖怪プラモ

スポンサーリンク

モデル

福崎町を一躍、妖怪の町へと知らしめた存在と言っても過言ではない「河童のガジロウ」。その知名度、貢献度からか町内の様々な場所で出会うことができます。

イベント等ではリアルガジロウも出現。

ガジロウ

辻川山公園の池の中から出てくるガジロウ

妖怪ベンチ ガジロウ

辻川観光交流センター前で将棋を指すガジロウ(妖怪ベンチ)

【福崎駅前】ピンクに染まってさらに妖しい!カッパのガジロウ|ピンクリボンライトアップ

福崎駅前で観光客を出迎えるガジロウ(ガジロウチューブ)

妖怪プラモ第2弾「天狗 TENGU」

手にしているのは、福崎町の特産品であるもち麦を使用した「もち麦どら焼き」

妖怪プラモ

モデル

モデルとなったのは福崎町辻川山公園でお馴染み逆さづりの天狗。

辻川山公園

妖怪プラモ第3弾「鬼 ONI」

第3弾となる「鬼」が2021年7月22日より発売開始。

第一弾「河童(ガジロウ)」、第二弾「天狗」につづく鬼。雲竜型土俵入り、かたわな結び。
2足で自立するようバランスを取ってあるため、台座は不要。

先の2弾と比べると、パーツ数は24点ともっとも少なっており、ガジロウ、天狗と比べると制作難度は若干ひくめ?

また接着の難度からか材質が従来のABSからプラスチックに変更されました。

妖怪プラモ

画像・©福崎町観光協会

河童と天狗。過去のシリーズはどこで買える?

7月20日現在、発売元の福崎町観光協会、Amazon、Yahooショピング、ヨドバシ.comでは完売中。

天狗はまだまだネット上では販売があるのかと思っていましたが、巣ごもり需要、「鬼」の販売と合わせて販売が加速したもよう。

中には定価を大きく超えるプレミア価格での販売を見かけますが、福崎町内の事業者である当社には若干在庫があります。

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでコメントが可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは投稿できません
タイトルとURLをコピーしました