兵庫県市町交通災害共済が令和元年度で終了

交通災害共済事業の終了

昭和43年に発足した兵庫県市町交通災害共済ですが、時代とともに社会環境が大きく変化する中で、昭和60年代より加入率の減少が続き、本制度は一定の役割を終えたと判断されましたので、今年度(令和元年度)を最終年度として、本共済事業を終了することとなりました。

見舞金請求の継続受付について

本共済の見舞金は、対象となる交通事故日の翌日から起算して2年以内に請求できます。

会員の方は、令和2年3月31日までに発生した交通事故について、下記の条件を満たすと引き続き見舞金を請求することができます。

請求期間

事故発生の翌日から2年以内に請求手続きをしてください。2年を過ぎると請求できません。
※等級決定する治療期間は事故日から1年以内のものとします。

給付対象となる事故

日本国内の道路上及び軌道上で自動車・自転車・荷車・身体障害者用車椅子・電車等に乗っていて衝突、接触、転落などによる事故、又は歩行中これらの乗り物にはねられたり、ひかれた場合。

給付対象とならない事故

  1. 自殺行為・天災・戦争・動乱・故意・無免許運転・酒気帯び運転
  2. 飛行機・船舶・ケーブルカー・ロープウェーの事故
  3. 幼児用乗用具・一輪車の事故
  4. 作業用特殊自動車で作業中の事故
  5. 遊園地内の汽車・電車・自動車等遊戯施設による事故
  6. 鉄道軌道敷地内(踏切道を除く)の事故
  7. 駐停車中の車両より転落、転倒等による事故
  8. 住宅等の庭先、工場内、作業場等一般の人や車などが自由に往来できない場所での事故
  9. 日常生活に直接関係しない交通乗用具による事故(祭の山車等)

詳細

https://www.town.fukusaki.hyogo.jp/0000002870.html

(情報:福崎町より)

 

0

協賛企業募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウンいいものタウン
プロフィールに添える簡単な自己紹介を書き入れてみましょう。この情報はテンプレートを編集すればサイトに表示できます。