身近な話題を投稿してみよう!

「Gelato & Cafe ひよこ」が神河町に誕生!地元の農産物を五感で楽しむジェラート店

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

神河町水車公園(兵庫県神崎郡神河町上岩87-1)に、五感で地元の農産物を楽しむコンセプトの新たなジェラート店「Gelato & Cafe ひよこ」が2024年4月25日にオープン。

営業時間は11時から16時まで。火曜日と水曜日が定休日となっています。

※トップ画像 ©Gelato & Cafe ひよこ

お店のある水車公園は、お食事処「こっとん亭」もある場所で桜や蛍の季節など神河町の情緒あふれる景色を楽しむことができます。

地元の魅力をより多くの人に知ってもらいたいという思いから誕生した「Gelato & Cafe ひよこ」では、地元の農産物を使用したジェラートや焼き菓子を提供しています。

https://scontent.cdninstagram.com/v/t51.29350-15/440667901_454829593872067_1653459539214548280_n.webp?stp=dst-jpg_e35&efg=eyJ2ZW5jb2RlX3RhZyI6ImltYWdlX3VybGdlbi4xNDQweDgxMC5zZHIuZjI5MzUwIn0&_nc_ht=scontent.cdninstagram.com&_nc_cat=107&_nc_ohc=CkDvAF-9pcMQ7kNvgHfE2PB&edm=APs17CUBAAAA&ccb=7-5&ig_cache_key=MzM1Mzc1MTc4MzcxNDczMTAyMg%3D%3D.2-ccb7-5&oh=00_AfBh1UT_rggq1CCW9JgtwrxFHu3l-bTJ3dsNWtSxainufQ&oe=66300581&_nc_sid=10d13b

Gelato & Cafe ひよこ

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

©Gelato & Cafe ひよこ

所在地兵庫県神崎郡神河町87-1(MAP)
定休日火曜日・水曜日
営業時間11:00〜16:00
駐車場あり
店内席数20
公式SNSInstagram
オープン日2024年4月25日

メニューと料金

「地元農産物を五感で楽しんで」

お店では、藤原農園の神河町産の苺を使用した「いちごソルベ」や市川町のタズミの卵を使った「プリンジェラート」、そして神河町の特産品である柚子を使用した「ゆずクリームチーズ」や「ゆずソーダ」など、地元の素材を活かしたメニューが豊富に揃っています。

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

※2024/04/25 現在

また、ジェラートのトッピングには口でふんわり溶けるメレンゲクッキーの「ひよころん」が付きます(単品でも販売中)。

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

ジェラートのトッピング/公式Instagramより

なおオープン日のメニューは以下の10種(※季節ごとにメニューは変わります)。

  • ゆずクリームチーズ(神河町 神崎フード)
  • いちごソルベ(神河町 藤原農園)
  • タズミの卵プリン(市川町 田隅養鶏場)
  • 黒蜜きなこ豆乳(市川町 津田豆腐店)
  • アーモンドプラリネ(市川町 田隅養鶏場)
  • 仙霊茶ミルクティー(神河町 仙霊茶)
  • ジューンベリーヨーグルト(神河町 ひよこファーム)
  • コシヒカリ(神河町 山田営農)
  • 厳選特濃ミルク(北海道)
  • 生チョコレート 70%カカオ

料金

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

入り口レジカウンターでまずジェラートのサイズと個数を注文、お会計。そのまま左で詳細(○○のシングル)の注文をする流れになっていました。

ジェラート

シングル450円
ダブル600円
トリプル700円

ドリンク

コーヒー(ホット/アイス)300円
カフェラテ(ホット/アイス)300円
仙霊茶(アイス)400円
ゆずソーダ400円
ゆずネード(ホット/アイス)400円

店内

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

『Gelato & Cafe ひよこ』が神河町オープン。地元素材にこだわったジェラート店

店内は広々としたイートインスペースを備え、ゴールデンウィークを間近に控え、おでかけの際に立ち寄るのが楽しみなお店となっています。

「Gelato & Cafe ひよこ」は、地元の味覚を存分に楽しめる新たなランドマークとして、地元の方々や観光客にとって魅力的なスポットとなりそうです。

お近くにお越しの際は立ち寄ってみてはいかが。

COMMENT

※「グルメ」カテゴリー内

福崎町文珠荘|播磨平野を一望するお食事と癒しの湯
広告掲載・ITサポートのお申込
タイトルとURLをコピーしました