メンバーになって投稿してみよう!

何が変わった?WordPress 6.0 「アルトゥーロ」リリース

世界のウェブサイトの42%以上で利用される(wordpress 公式 ※5/25 時点)WordPress(ワードプレス)のメジャーバージョン6.0(「アルトゥーロ」※Arturo)がリリース。

自社でもワードプレスでサイトを構築している、運用しているというサイトは多いと思われますが、自社、自身でサイトを構築している人や専門の担当者でもないかぎり、ワードプレスのバージョンについて把握していることはまれかもしれません。

サーバーの仕様により自動的にバージョンが更新されてしまった方も、これから手動でのバージョンアップを考えられている方も「6.0」はどんな機能を備えているのを確認してみましょう。

スポンサーリンク

WordPress 6.0 「アルトゥーロ」

WordPress の主力開発者はジャズ音楽が好き、ということもあって1.0 以降の全てのメジャーリリースにはャズミュージシャンにちなんだ名前が付けられています。

「アルトゥーロ(Arturo )」はグラミー賞を受賞したジャズミュージシャン、アルトゥーロ・オファリルにちなんで名付けられました。

6.0の特徴

WordPress 6.0のサーバー要件

  • PHP 7.4 以上
  • MySQL 5.7 以上、またはMariaDB 10.3 以上
  • Nginx あるいは Apache

機能

  • ライティング機能の拡張
  • ブロックテーマのスタイルの切り替え
  • 投稿者、日付、カテゴリー、タグ、タクソノミーの5つの新しいテンプレートオプションが追加
  • パターンが統合
  • デザインツールが追加
  • リストビューが改良
  • ブロックのロック制御

ブロックエディタ(Gutenberg)を利用していない場合は恩恵は少ないようにも思えますが、Classic Editorのサポートは2022年末までとなっているため、移行の検討が必要かもしれません。

ねこさん
ねこさん
ブロックエディタ(Gutenberg)の使い方を勉強しなければ

何が変わった?WordPress 6.0 「アルトゥーロ」リリース

クラシックエディタ

何が変わった?WordPress 6.0 「アルトゥーロ」リリース

ブロックエディタ

改善

  • ページ読み込みスピードの改善
  • クエリータイプの実行時間短縮
  • キャッシュ管理 等

バージョンの確認方法

特別なカスタマイズをしていない限り、一番簡単な確認方法は管理画面右下で現在のバージョンを確認することができます。

何が変わった?WordPress 6.0 「アルトゥーロ」リリース

なんとなく数字が大きいと「新しい」「機能が多い」というような印象がありますが、概ねその認識で間違いありません。

しかしながら新バージョンは数多くのテストを経て公開されるものの、思わぬ不具合がでる可能性があるため導入は慎重に行いましょう。

バージョンの数字の意味

上記では「6.0」と表示されていますが、環境によっては「WordPress 5.9.3」のように3桁になっているサイトもあるでしょう。

数字の意味としては以下のようになっています。

※例 5.9.3

1桁目5メジャーアップデート

新機能の追加や仕様変更

2桁目9
3桁目3マイナーアップデート
主にセキュリティ強化や不具合修正

「5.9」や「6.0」という部分は機能や仕様が異なる大きな変更、「×.×.○」の○の部分の変更は不具合修正などの小さなアップデートで機能に大きな変更はありません。

今回の「6.0」で言えばリリースされたばかりで不具合修正版はまだ出ていないため「6.0」ということになります。

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました