身近な話題を投稿してみよう!
グルメ

ケンミン「産学専」連携で「近大ヴィーガンGFラーメン」開発

ケンミン「産学専」連携で「近大ヴィーガンGFラーメン」開発

ケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市)が近畿大学の学生とともにケンミン食品、ラーメン店「Tsurumen Davis」オーナーシェフの大西益央氏の共同で開発した「近大ヴィーガンGFラーメン」(冷凍)を数量限定で6月15日(水)より予約販売をスタートしました。

ケンミン「産学専」連携で「近大ヴィーガンGFラーメン」開発

商品は「産学“専”」の新しい提携の枠組みでの取り組みとなるもので、学生ならではの視点からグルテンフリーに加え、食の多様性や価値観の多様化など社会課題と向き合い、動物性食品を原料として使わないヴィーガン仕様にこだわったもの。

「日常的にラーメンを食べることができないグルテンフリーやヴィーガン生活者の方に、安心しておいしく食べられる一杯を通し、健康的な生活を楽しんでもらいたい」とケンミン食品株式会社。

スープは動物性食品を使わず、和風出汁と豆乳で作成。昆布と椎茸で旨味をもたせ、豆乳を加えることでまろやかでコク深い味になったといいます。

具材はキャベツ、椎茸、ニラ、大豆を高火力で一気に炒め、和風出汁スープで瞬時に煮込み、野菜の旨味を引き出したのだとか。麺は米粉の生地に“かんすい”を練り込んだライスヌードル。

動物性食品を使わず仕上げたグルテンフリーとヴィーガンを両立したラーメンになっています。

商品はケンミン食品株式会社の専門販売サイト「GF RAMEN LAB(グルテンフリー・ラーメン・ラボ)」で6月15日より予約販売中で、希望小売価格は2食2,600円(税込)限定50セット。

近大ヴィーガンGFラーメン

商品名近大をすすらんか。×GF RAMEN LAB
近大ヴィーガンGFラーメン
内容量ライスヌードル130g
スープ279g+具材130g
賞味期限6ヶ月
発売日2022年6月15日予約開始
希望小売価格2食2,600円(税込)限定50セット

作り方

ケンミン「産学専」連携で「近大ヴィーガンGFラーメン」開発

  • ①ライスラーメンを約6分30秒茹でる
  • ②スープを約5分湯煎する
  • ③具材を電子レンジで600W約4分加熱する
  • ④盛り付ける

KINDAI Ramen Venture近大をすすらんか。

近畿大学が学生にキャンパス内で実際にラーメン店を起業・経営する機会を提供し、実践的な飲食店経営を学ぶことで、卒業後の事業展開や新たな起業への挑戦を支援する取り組み。

ケンミン「産学専」連携で「近大ヴィーガンGFラーメン」開発

アメリカ・ボストンで大⾏列ができるラーメン店「TSURUMEN DAVIS」を経営する近畿大学卒業生の大⻄益央⽒(平成12年(2000年)商経学部卒業)が、アドバイザーとして起業に挑戦する学生をサポートしています。

GF RAMEN LAB(グルテンフリー・ラーメン・ラボ)

ケンミン「産学専」連携で「近大ヴィーガンGFラーメン」開発

日本が世界に誇る食文化「ラーメン」を通して、おいしく、健康的な生活を送れる方を応援したい。その思いを実現するため、大西益央氏がケンミン食品と立ち上げたグルテンフリーラーメンを提供する新たなブランド。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました