【幸楽苑】非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始|ラーメン業界日本初

【幸楽苑】非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始|ラーメン業界日本初

株式会社幸楽苑ホールディングス(以下:幸楽苑)は、新型コロナウイルス感染症の予防対策や人手不足解消を目的とし、2020年8月27日(木)より本宮店(福島県本宮市)にてAIを活用した非接触型の自動配膳ロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」導入の実証実験を開始します。

配膳ロボット「K-1号」導入の背景

新型コロナウイルス感染症の対策として、非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトできることから、配膳ロボットの導入に至った、と幸楽苑。

ロボットにはセンサーが搭載されており、人や物にぶつからず安全に走行でき、音声案内も可能。

【幸楽苑】非接触型の配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始|ラーメン業界日本初

配膳ロボット「K-1号」利用の流れ

お客様がテーブルに設置してあるタブレットで料理を注文後、店舗スタッフが注文内容を確認。出来上がった料理をロボットのトレーに乗せ、タッチパネルで移動を指示すると、お客様の席まで料理を運びます。

お客様が料理を受け取った後、ロボットの音声案内にしたがい、頭のセンサー部分に手をかざすとロボットは厨房に戻る模様。

2020年8月現在、幸楽苑本宮店での実証実験ですが状況によって全国のチェーン店にも導入されるのか気になるところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。