メンバーになって投稿してみよう!
まるでSF!「空中ディスプレイ技術」を使った『デジPOS』セブンイレブンで実証実験開始

まるでSF!「空中ディスプレイ技術」を使った『デジPOS』セブンイレブンで実証実験開始

Generic selectors
完全一致検索
タイトルから検索
記事本文から検索
記事
ページ
イベント
カテゴリーで絞込
IT
アニメ
イベント
エンタメ
おでかけ
グルメ
ゲーム
スポーツ
テクノロジー
ニュース
ビジネス
ビューティー
暮らし
知る
総合
開店・閉店情報

非接触・空中ディスプレイ技術を採用したキャッシュレスセルフレジ『デジPOS』の実証実験が都内のセブンイレブン6店舗にて、2022年2月1日(火)より順次開始。

まるでSF!「空中ディスプレイ技術」を使った『デジPOS』セブンイレブンで実証実験開始

何もない空中に浮かぶインターフェースを使って機器を操作する様はSF映画やアニメ等でもおなじみですが、現在、空中ディスプレイは、ホテルやオフィス等の受付機、デジタルサイネージなどを中心に展開されています。

『デジPOS』は株式会社アスカネット(広島県広島市)、神田工業株式会社(兵庫県姫路市)、株式会社セブンイレブン・ジャパン、東芝テック株式会社(東京都品川区)、三井化学株式会社(東京都港区)、三井物産プラスチック株式会社(東京都千代田区)が共同して進める実証実験でPOSレジに採用した実証実験は世界初と言います。

まるでSF!「空中ディスプレイ技術」を使った『デジPOS』セブンイレブンで実証実験開始

レジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同様に操作することを実現。アスカネットは「新たな買物体験を通じて、レジカウンターの省スペース化による販売チャンスの創出や、完全非接触による安全・安心の提供を目的に検証を進めていく」とコメント。

各社の役割

まるでSF!「空中ディスプレイ技術」を使った『デジPOS』セブンイレブンで実証実験開始

株式会社アスカネット「ASKA3D」

空中ディスプレイ事業では、ガラスや樹脂などで出来た特殊なパネルを通過させることで、実像の反対側の等距離の空中に、実像を結像させることに成功した「ASKA3Dプレート」をラインナップ。従来のホログラムやインテグラルフォトグラフィーなどとは全く異なる新しい空中結像技術での特許を取得。

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
投稿機能
タイトルとURLをコピーしました