メンバーになって投稿してみよう!
マイクロソフト社

ブラウザなに使っている?Internet Explorer(IE)6月16日終了

WEBサイトを閲覧するために使うソフト(ブラウザ)のひとつマイクロソフト社が開発した「Internet Explorer(インターネットエクスプローラー※以下「IE」)のサポートが2022年6月16日(日本時間)終了。

IE専用サイト、システムについてはサポート終了後は原則的に閲覧操作ができなくなるため、マイクロソフトは早々に後継ブラウザ「Microsoft Edge(エッジ)」への移行を促していました。

厳密に言えばOSのバージョンによって終了日は異なりますが、大多数の利用者であるWindows 10(Home/Pro/Enterprise/Education)についてのサポートは6月16日(日本時間)に終了

サポート終了後は一定期間は「Microsoft Edge(エッジ)」のInternet Explorer モードで開くことができるというものの、将来的には閲覧できなく可能性が高く、コンテンツ(サイトページやソフト)をサポートが継続している一般的なブラウザへの改修対応が求められることになりそうです。

ねこさん
ねこさん
現在「IE」以外のサポートが継続しているブラウザでコンテンツを利用している場合は影響なし。IEでしか見れないサイト、使えないシステムを利用している場合は影響がありますが、後継のEdge(エッジ)対応の場合はブラウザを変更するだけでOK
スポンサーリンク

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)

IEは1995年に登場したWEBブラウザ。

Windowsパソコンでは標準で搭載されていることからインターネットを閲覧する場合はInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)という名前を知らなくても「e」のロゴアイコンをクリックしていた方も多かったことでしょう。

うさ
うさ
「ブラウザってなに?」という声も普段耳にすることもしばしば

Internet Explorer

「Internet Explorer」アイコン

IEを使わなくなった理由

Windowsパソコンの利用者であれば、インストール数の上で絶対的に優位にたつはずのインターネットエクスプローラーで当初はWEBブラウザのシェア1位でしたが、徐々にそのシェアを落とすことになります。

後継ブラウザ「Microsoft Edge(エッジ)」への移行が進んだこともありますが、全体的に見ればChrome(Google)、Firefox(Mozilla )、Safari(Apple)の利用者が増えた印象。

日本国内のデスクトップのブラウザシェア

※2022/04~05

Chrome60.83%
Edge21.47%
Firefox7.66%
Safari5.53%
IE2.76%
Other1.76%

ブラウザシェア

出典:gs.statcounter.com

なんか感慨深い

うさ
うさ
当時(2000年ごろ)の利用環境にもよりますが、自身は「(IEの動作が)重い」「タブが使えない」等の理由からOpera(オペラ)、Sleipnir(スレイプニル)、Firefox(ファイアーフォックス)なんかを使っていました。

IEを利用する機会はほとんど無くなっていましたが利用者環境の確認の必要からIEでの表示チェックを行うことも近年まであったことも事実。

後継ブラウザ「Microsoft Edge(エッジ)」がWindowsに標準装備となって久しいですが、「IE終了」ということに少しノスタルジーを覚えたある日のことでした。

使っているブラウザはなに?

あなたが使っているブラウザはなに?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

 

COMMENT 追加情報やリクエスト

  1. アバター匿名 より:

    お気に入りを左側に固定できないゴミに変えろって?
    なんでそんなにUIを改悪させたがるのかな?理解に苦しむ。

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました