身近な話題を投稿してみよう!
【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中

【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中

俳優・新木宏典が、出身地の兵庫県丹波市で撮影したフォトブック「〝新〟発見 丹波ガイド」(東京ニュース通信社刊)のリリースにちなんで、8月7日に丹波市の林時彦市長を表敬訪問。発売されたばかりのフォトブックを手に、愛する故郷・丹波への凱旋、そして林市長との記念すべき会談が実現した。

本作は、新木が生まれ育ったまち、兵庫県丹波市を訪れて撮影を敢行。丹波市を紹介するうえで、「丹波で暮らしている人にとって気持ちのよい盛り上がり方になるよう、(フォトブックを見て)人が集まることを喜んでくれる場所やお店を巡ったんです」と、地元への思いが根底にあったことを告白。
訪れてほしい観光地や、新木も初めて訪れて新発見があったという場所など、実際に新木自身が25カ所を巡ったと聞いた林市長からは、「3日間かけてたくさんまわって撮影してくれてありがとう」と感謝が伝えられた。

【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中

新木は丹波を訪れる人に「うち何もないから」とよく言うそうだが、それは裏を返せば「甘えてくれたらなんでもやるよ」というおもてなしの精神であふれているのだとか。「何もないからこそ、人と人との交流がある、人付き合いを大切にしている」と力説。
訪れた先々で交流があり「1カ所行けば、次の目的地も案内してくれると思う(笑)」と丹波の人々の人柄や“丹波らしさ”を嬉しそうに語った。

【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中

この日、新木の市長表敬訪問を取材しようと、地元の新聞記者が多数来庁。市長の計らいで記者からも新木に次々と質問が寄せられ、予定時間を越えて続いた和やかな会談。これから訪れる人たちに「どんな丹波を感じてほしいか?」という質問では、「四季がはっきりしていて、一年中すてきなところ。来たシーズンによって楽しみ方がちがって、そのつど見られる景色が変わります」と丹波の魅力を流ちょうにアピール。観光課長からも「100点満点の答えです!」と絶賛された。

【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中

林市長のもとにも「新木さんを早く観光大使に任命してほしい」との要望や意見が届いていると明かし、「ぜひ観光大使になってほしいね」と直々にオファーする場面も。そんな熱い思いに新木も「僕はやりたいです」と即答。終始意気の合った会談で、最後はフォトブックを手に笑顔あふれる記念撮影が実現。充実した表敬訪問となった。

【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中
市長訪問前日には、丹波市最大の水祭りイベント「SPLASH!!丹波!!2023」にゲスト出演した新木。ステージ上でも丹波の思い出などを語り、トークで会場を沸かせた

商品概要

【丹波市】新木宏典が丹波市凱旋。オール地元ロケのフォトブックが好評発売中

書籍新木宏典フォトブック「〝新〟発見 丹波ガイド」
発売日2023年7月31日(月)<好評発売中>
定価4,000円
撮影MARCO/吉田一之
発行東京ニュース通信社
販売全国の書店、ネット書店にてご購入可能。詳細はTOKYO NEWS magazine&mookをご確認ください。

 

初回公開日:2023年08月09日

エンタメ
毎日の暮らしに彩りを。ギフトショップ「ヒサヤ」
情報掲載
いいものタウン

COMMENT

いいものタウン

いいものタウン(メディア事業部)

兵庫県まんなかエリアを中心にショップや企業からのニュースリリースや新サービスをメインに発信しています。
運営:株式会社いいものタウン(所在地:神崎郡福崎町福田116-1 福崎町商工会館内)

Follow
投稿機能