身近な話題を投稿してみよう!

「酷道」じゃなくなる!国道429号 「榎峠バイパス」起工式が開催

ちょっと危ない。国道429号線を通ってみたら「酷道」だった│丹波市

岡山県倉敷市を起点とし、京都府福知山市に至る幹線道路であり、兵庫県内陸部を東西に結ぶ「国道429号」。

安全・安心で円滑な交通を確保するとともに、広域的な地域間の交流・連携を促進することを目的に榎峠バイパス(トンネル)工事計画が進んでおり、令和2年度から測量・設計、用地取得が進められていましたが、いよいよ区間工事が開始されることに。

工事着手に先立ち1月21日に青垣住民センター体育館(丹波市青垣町佐治)にて起工式が開催されます。

式典には丹波市長、福知山市長、丹波県民局長など約 90 名が出席予定。青垣翁三番叟(無形民俗文化財)保存会による舞の披露も予定されています。

国道429号

国道429号にある兵庫県と京都府の境に位置する榎峠(えのきとうげ)は、急カーブが連続し、幅員狭小で普通車の離合も困難で、特に冬期積雪時の通行が困難な状況で「酷(ひど)い状態の国道」、「酷道」と揶揄されることもしばしば。

ちょっと危ない。国道429号線を通ってみたら「酷道」だった│丹波市

以前この429号の難所を通る機会があったのですが、おもわず足を止める状況でした。

榎峠バイパスの概要

榎峠バイパス

工事箇所丹波市青垣町中佐治(~福知山市談)
延長・幅員全体延長L=2,400m全幅員6.0m(7.5m)
事業期間令和2年度~令和8年度(予定)
事業費全体43億円(内、兵庫県21億円)

COMMENT

※「ニュース」カテゴリー内

妖精が顔出すパンケーキ専門店「こびとぱん福崎店」
広告掲載・ITサポートのお申込
タイトルとURLをコピーしました