身近な話題を投稿してみよう!

【2024】兵庫県下で人口総数に対する20歳の割合がもっとも高い自治体は?

群集

年明け早々に行われるイベントとして各市町で行われる二十歳のつどい(旧:成人式)。兵庫県下の2024年の開催概要については別記事でまとめてみましたが、気になるのは各市町の人口。

兵庫県が毎年12月1日時点における人口をもとに県下41市町の二十歳のつどい参加対象者をまとめており、兵庫県では平成6年の95,623人をピークに減少。

令和6年の二十歳のつどい参加対象者(平成15年4月2日~平成16年4月1日に生まれた者)は53,399人となりました。

市町ごとにみてみると、人数にのみ注視すると、当編集部のある福崎町と同じ神崎郡に含まれる市川町、神河町が少ない方からのワンツー。

ねこさん
ねこさん
市川町、神河町は人口総数でも県下で少ない1位、2位だし、それもそうか

「各市町 二十歳のつどい 対象者数」と「令和6年 兵庫県 各市町 二十歳のつどい 対象者数(人口割合別)」について調べてみました。

令和6年 兵庫県 各市町 二十歳のつどい 対象者数

昇順(少ない順)

順位市町二十歳のつどい 対象者数
1市川町85
2神河町116
3上郡町134
4佐用町143
5新温泉町154
6香美町158
7多可町204
8相生市212
9養父市214
10福崎町252
11稲美町288
12宍粟市296
13朝来市296
14丹波篠山市312
15猪名川町343
16太子町360
17西脇市366
18播磨町380
19加西市390
20加東市393
21洲本市393
22淡路市404
23南あわじ市421
24赤穂市463
25小野市566
26丹波市618
27三木市719
28豊岡市742
29たつの市771
30高砂市833
31芦屋市899
32三田市1,096
33川西市1,459
34伊丹市2,093
35宝塚市2,334
36加古川市2,595
37明石市2,619
38尼崎市3,854
39西宮市5,261
40姫路市5,399
41神戸市14,764

※二十歳のつどい参加対象者(平成15年4月2日~平成16年4月1日に生まれた者。兵庫県公表分)は明石市(11/1時点)、他は12/1時点。

ここで一つの疑問が沸きました。

うさ
うさ
自治体の総人口に対する二十歳のつどい参加対象者の割合はどれぐらいなんだろう?

気になったので調べてみました。

令和6年 兵庫県 各市町 二十歳のつどい 対象者数(人口割合別)

順位市町市町総人口に対する
二十歳のつどい 対象者数割合
1相生市0.786%
2丹波篠山市0.814%
3市川町0.817%
4尼崎市0.847%
5明石市0.856%
6宍粟市0.907%
7加西市0.950%
8稲美町0.961%
9芦屋市0.963%
10川西市0.973%
11佐用町0.973%
12高砂市0.978%
13加東市0.980%
14神戸市0.985%
15淡路市0.989%
16三木市0.989%
17洲本市0.989%
18西脇市0.992%
19南あわじ市1.000%
20豊岡市1.000%
21加古川市1.012%
22上郡町1.014%
23養父市1.032%
24姫路市1.034%
25三田市1.039%
26丹波市1.046%
27宝塚市1.051%
28赤穂市1.054%
29伊丹市1.068%
30たつの市1.073%
31香美町1.073%
32朝来市1.079%
33西宮市1.087%
34太子町1.089%
35播磨町1.121%
36多可町1.132%
37神河町1.171%
38猪名川町1.212%
39小野市1.216%
40新温泉町1.241%
41福崎町1.322%

※分母となる人口総数は国勢調査(令和2年10月1日実施)を基礎とし、毎月各市町から住民基本台帳法に基づく当該月間の移動数の報告を受け集計したもの(兵庫県発表分 令和5年12月1日現在)のため、各市町毎発表の人口とは異なります。

調べてみると対象人数は人口規模によって市町で大きな開きがありましたが、人口割合別でみると約0.8%~約1.3%の間に。

結果、令和6年については市町総人口に対する二十歳のつどい対象者数割合が高いのは福崎町という結果になったのも興味深いところ。

各市町では積極的な子育て支援等の取り組みもあり、10年後、20年後はまた違った数値になるでしょう。

COMMENT

マツモト自動車
広告掲載・ITサポートのお申込
タイトルとURLをコピーしました