メンバーになって投稿してみよう!
ほぼ皆既月食。11月19日は月を見よう!天体ショー

ほぼ皆既月食。11月19日は月を見よう!天体ショー

2021年11月19日の夕方から宵にかけて、全国で部分月食を見ることができます。

部分月食ですが、今回の月食の食分(影に覆われる部分)は月の直径の97.8パーセントと「深い」食になることがポイント。

ねこさん
ねこさん
ほとんど隠れる!

※トップ画像:兵庫県神崎郡福崎町から18時3分ごろ

部分月食の概要

部分月食の概要

©国立天文台

※2021/11/19

部分食の始まり16時18.4分
月食の最大18時02.9分
部分食の終り19時47.4分

ポイント

月は東の空に昇ります。食の最大となるのは18時3分頃で、19時47分頃の終了まで続きますが、食の最大時でも月は東の空の低い位置(約17.3度※兵庫県)にあるため、空が開けた場所で観察しましょう。

PR

部分月食の始まり

16時18分ごろですが、月の高度が低いため、北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあるため、見ることができません。

食の最大

18時03分ごろ。国立天文台によると「完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色とも呼ばれる)になって見えることが多いのですが、一方で、多くの部分月食では影の部分の色は暗いだけではっきりしません。ただ今回の部分月食では月の大部分が影に入りますので、食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。」とのこと。

食の最大を迎えた後は、部分月食の終わる19時47分ごろにかけて空を昇ります。

※トップは月食のイメージ

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
投稿機能
タイトルとURLをコピーしました