身近な話題を投稿してみよう!
エンタメ

監督・脚本・主演「のん」。映画「Ribbon」公開で舞台挨拶

監督・脚本・主演「のん」、「Ribbon」公開で舞台挨拶

脚本・監督・主演を「のん」が務めた初の劇場長編映画「Ribbon」が2月25日(金)から劇場公開され、テアトル新宿にて初日舞台挨拶が開催されました。

監督・脚本・主演「のん」、「Ribbon」公開で舞台挨拶

「Ribbon」はコロナ禍で予定していた舞台がなくなったり、主催する音楽フェス中止なったりと自分自身が否定されたような気持ちになったという「のん」さん。

逆境の中、創作意欲が湧き、自分はエンタメや芸術に影響されて形づくられていると思い知らされたといいます。

舞台挨拶に登壇したのんは、コロナ禍での映画制作の経緯を振り返り、岩井俊二監督から影響を受けたことや、樋口真嗣監督、尾上克郎監督を特撮チームに迎えて表現した“リボンアート”へのこだわり、作品に込めた想いについて熱く語りました。

この映画は美大生が主人公ですが、学生や社会人の方、みなさんの話でもあります。ひとりひとりのモヤモヤや悔しさ、我慢している気持ちを「Ribbon」が代わりに吐き出していると思うので、映画を観て、すっきりした気持ちで明日も頑張ろうと思ってもらえたら嬉しいです。(のん)

映画「Ribbon」

監督・脚本・主演「のん」、「Ribbon」公開で舞台挨拶

あらすじ

コロナ禍の2020年。いつか(のん)が通う美術大学でも、その影響は例外なく、卒業制作展が中止となった。

悲しむ間もなく、作品を持ち帰ることになったいつか。いろいろな感情が渦巻いて、何も手につかない。

心配してくれる父・母とも、衝突してしまう。妹のまいもコロナに過剰反応。普段は冷静な親友の平井もイライラを募らせている。

こんなことではいけない。絵を描くことに夢中になったきっかけをくれた友人との再会、平井との本音の衝突により、心が動く。

未来をこじ開けられるのは、自分しかいない―。誰もが苦しんだ2020年―。心に光が差す青春ストーリー。

作品情報

公開日2022年2月25日(金) テアトル新宿ほかロードショー
出演のん 山下リオ 渡辺大知 小野花梨 春木みさよ 菅原大吉
脚本・監督のん
製作統括福田淳
エグゼクティブ・プロデューサー宮川朋之
クリエイティブ スーパーバイザー神崎将臣 滝沢充子
プロデューサー中林千賀子
特撮樋口真嗣
特撮プロデューサー尾上克郎
音楽ひぐちけい
主題歌サンボマスター「ボクだけのもの」(Getting Better / Victor Entertainment)
企画のん
配給イオンエンターテイメント
制作プロダクションブースタープロジェクト
製作日本映画専門チャンネル non スピーディ コミディア インクアン

劇場情報

テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、kino cinema 横浜みなとみらい、テアトル梅田、シネ・リーブル神戸、ユナイテッド・シネマ幕張(旧シネプレックス幕張)、ユナイテッド・シネマ福岡ももち、ユナイテッド・シネマ札幌、伏見ミリオン座、イオンシネマ シアタス心斎橋、イオンシネマ大宮、109シネマズ川崎、イオンシネマ京都桂川

(3月18日から上映)フォーラム八戸、フォーラム盛岡、チネ・ラヴィータ、フォーラム山形、フォーラム福島

(4月1日から上映)宮崎キネマ館 (4月8日から上映)小山シネマロブレ ほか

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました