【天体ショー】5月6日頃、みずがめ座η(エータ)流星群を見よう

いろんなジャンルの情報をご紹介していますが天体ショー情報も人気。

例年5月6日頃、みずがめ座η(エータ)流星群が極大(流星群自体の活動が最も活発になること)に。

日の出2時間半前から1時間半前までの1時間程度がいちばんのピークですが2020年は6日6時ごろがピーク。一番の見頃は5日夜から6日にかけての模様

2020年は月齢がほぼ満月のため月を視野に入れないよう、月とは反対側を見るのもポイント。

みずがめ座η流星群は、日本など北半球の中・高緯度の地域では、放射点があまり高く昇りません。放射点の高度が低いと、それだけ見える流星の数が少なくなってしまうため、日本ではあまり注目されることがありません。その一方で、放射点の高度が低いため、軌跡の長い見事な流星が出現することがあります。(国立天文台

みずがめ座η流星群

「三大流星群」と呼ばれる1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」、12月の「ふたご座流星群」は毎年安定して多くの流星を見せてくれる流星群として知られていますが「みずがめ座η流星群」は三大流星群次ぐ規模の流星群。

極大時1時間あたりの流星数

5

見頃

2020年は6日6時ごろがピーク。一番の見頃は5日夜から6日にかけての模様
※前後の日にも、同じ時間帯にいくつかの流星を見ることができそう

日の出時間

2020年5月5日(05時05分)
2020年5月6日(05時04分)
2020年5月7日(05時03分)

※例年見頃:02時30分=03時30分頃

月明かり

月齢がほぼ満月

放射点

3つの1等星、こと座のベガ(織姫星)、わし座のアルタイル(彦星)、はくちょう座のデネブを結ぶ夏の大三角。ベガを基点としてデネブ、アルタイルを結ぶ直線の反対側(東)に2倍ほどの距離に放射点のみずがめ座があります。
※星空アプリがあると便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。