(ねこレポ)獅子王の写しこと「獅子玉」も見てきた。竹田城周辺でまったり|朝来市

五月晴れとなった令和2日目5月2日。ねこさんは朝来市竹田城周辺をぶらり旅。

なんだか派手な列車が。

2014年4月26日に運行を開始した「天空の城 竹田城跡号」は、今年のゴールデンウィーク期間【4月27日(土曜日)から5月6日(月曜日)まで】の運転をもって現在のラッピングデザインでの運行を終了します。その後、同車両の車体ラッピングについては、コンセプトとデザインを一新し、装い新たな観光列車としてリニューアルを計画しています。(リンク:JR西日本

ねこさん
ねこさん
「天空の城 竹田城跡号」は城崎温泉と寺前間を運行する観光列車。5月6日までの運行だったようで思いがけず見ることができました。

獅子王の写し刀「獅子玉」期間限定で公開中

所在地: 〒669-5252 兵庫県朝来市和田山町竹田363(MAP)

獅子王の写し刀「獅子玉」は朝来市和田山町竹田の情報館天空の城で期間限定で公開されています。


獅子王と獅子玉

国史跡・竹田城跡(朝来市和田山町)の最後の城主、赤松広秀(1562~1600年)ゆかりの名刀。ゲーム刀剣乱舞にも登場する獅子王の実物は国の重要文化財として現在東京国立博物館に所蔵されています。獅子玉は獅子王の「写し」になります。

竹田城城主 赤松広秀の名誉回復

うさ(仮)
うさ(仮)
本物があるのになぜ「写し」?

鳥取城下焼き討ちの濡れ衣から徳川家康により切腹を命ぜられた竹田城(兵庫県)の城主 赤松広秀は、その先祖 源頼政が時の天皇より賜った宝刀「獅子王」を継承していたと伝えられています。しかし広秀公切腹の折、宝刀「獅子王」は徳川幕府に没収されると、以来赤松広秀の名は歴史の表舞台から消えることとなりました。(リンク:竹田城城主 赤松広秀の名誉回復へ!天空の城に宝刀 獅子王の写し刀を奉納したい!

戦国武将赤松広秀は学問をこよなく愛し、城下の民衆からの信頼も厚かった広秀を神格化した祭礼「虎臥大明神祭」は現在も殿町区において毎年挙行されています。赤松広秀と獅子王にまつわる悲話がありました。

近くのお蕎麦屋さん「そば処 伊とう」

所在地: 〒669-5252 兵庫県朝来市和田山町竹田517−1 (MAP)

お昼をしたあとは竹田城跡へ。

竹田城跡

帰路へ

山城の郷

所在地: 〒669-5255 兵庫県朝来市和田山町殿新井土13−1 (MAP)

(情報は2019/05/02時点のものになります。詳細・最新情報については該当施設までご確認ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です