身近な話題を投稿してみよう!

妖怪と一緒に宿泊気分。「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」にてAR妖怪が登場

妖怪と一緒に宿泊気分。「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」にてAR妖怪が登場

NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館(福崎町)にて、宿泊者が体験できる新たな仕掛けとしてARを活用したサービスが開始されました。

「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」は、兵庫県指定の重要有形⽂化財「三⽊家住宅」と国登録有形⽂化財の「旧辻川郵便局」をリノベーションして作られたホテルです。「三木家住宅」は、福崎町出身の民俗学者・柳田國男が幼少期に大量の書物を読んで過ごし、「私の雑学風の基礎はこの一年ばかりの間に形造られた」(故郷七十年)と著した場所でもあります。

こちらのARでは、柳田國男の著書に登場し、福崎町の人気観光コンテンツでもある妖怪が「この部屋が当時どのように使われていたか」をテーマに動く様子を見て楽しむことができます。
例えば、柳⽥國男が2階部分に置いてあった蔵書を読みふけったとされる「離れ」では、読書をする妖怪が登場します。「三⽊家住宅」には「離れ」のほかに「副屋」「内蔵」「⾓蔵」「⽶蔵」と名付けられた計5つの部屋があり、また「旧辻川郵便局」エリアには、「〒201」と「〒202」という2つの部屋があります。

妖怪と一緒に宿泊気分。「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」にてAR妖怪が登場

ARは、宿泊する部屋に置いてある専用のコード付きカードをスマートフォンで読み込むと、妖怪が登場する仕組みです。一緒に写真を撮り、SNSに投稿して共有することもできます。
妖怪は天狗(=写真)のほか計3種類あり、4か月ごとに入れ替わる予定とのこと。
天狗以外にどのような妖怪が登場するかは、宿泊時のお楽しみに。

妖怪と一緒に宿泊気分。「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」にてAR妖怪が登場

妖怪と一緒に宿泊気分。「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」にてAR妖怪が登場

※コードの読み取りには、InstagramかFacebookのアプリが必要です。
※内カメラ(自撮り)ではご利用できません。
※コード付きカードは、チェックアウト時にホテルに返却願います。

COMMENT

妖精が顔出すパンケーキ専門店「こびとぱん福崎店」
広告掲載・ITサポートのお申込
タイトルとURLをコピーしました