メンバーになって投稿してみよう!

【神河町】テーマは「コロナ差別のない町に」人権チラシの臨時号を発行

神河町役場
暮らし

テーマは「コロナ差別のない町に」です。

新型コロナウイルスの第二波が猛威をふるっている中、感染に対する根拠のないうわさが広がったり、SNSで拡散したりしている現状があります。

住み良い町づくりに向け、一人一人が憶測やデマなどによって人を傷つけない人権意識を持つことが大切です。

【神河町】テーマは「コロナ差別のない町に」人権チラシの臨時号を発行

差別的なことを言われたら、どう感じますか?

新型コロナウイルス感染症の第二波が猛威をふるっています。自分自身が、家族が、学校や職場の仲間が、いつ感染してもおかしくない状況が生まれつつあります。

そんな中、「どこそこで、感染者が出た。」「○○さんみたいやで。」など、根拠のないうわさが、口から口へと広がったり、SNSやインターネット上で拡散したりしている現状があります。

あなたが、もしこんなうわさやデマを耳にしたり、うわさの当事者になったりしたら、どう思われますか?偏見、差別、デマがどれほど人を傷つけ、深刻な影響をあたえるか考え、正しい言動を取るようにしたいものです。

情報をうのみにしないという姿勢が大切です

根拠のないうわさやデマなどが修正されず広がっていき、同調者が多数となると、その「うわさやデマ」はあたかも「真実」となっていく恐ろしさがあります。

と同時に、感染の要因や誘因となる人を一刻も早く排除したいとの思いがいっそう強まっていく恐ろしさがあります。

こういった間違った認識や確かでない情報をどんどん広めてしまう不当な偏見や言動、差別は、絶対にあってはなりません。「情報をうのみにしない、不確かな情報を流さない」という姿勢を今一度認識しましょう。

ストップ!コロナ差別 ~ 正しい理解を ~

新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染するおそれがあります。

また、濃厚接触者になる可能性もあります。感染が拡大する中、誤解や偏見、差別が増加していくと、さらに人々の不安をあおり、感染が疑われる症状が出ても、受診をためらい、結果的に感染が拡大するという負の連鎖にもつながりかねません。

「未知のウイルス=怖い」という感覚は、誰の気持ちの中にもあると思います。だからこそ、こんな時、大切なことは、いかなる状況になっても誰もが安心して生活できる町づくりです。

感染者や濃厚接触者、そして、医療関係者や完治して社会に復帰された人に対する差別や誹謗中傷、いじめがないよう、人を思いやり、心と心をつないでいくために正しく理解し、正しい行動をしていきましょう。

文:神河町人権文化推進協議会

0

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

せせらぎの湯
いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました