身近な話題を投稿してみよう!
グルメ

独自冷凍技術を生かした「はにわぷりん」2年間の開発を経て

独自冷凍技術を生かした「はにわぷりん」2年間の開発を経て

株式会社Pasah(パサー) より「視覚」・「味覚」・「触覚」で楽しめる新しいギフト「母の日限定ギフトBOX 2022年Ver」を陶器冷凍プリンとして2022年4月22日(金)発売。

プリンの冷凍技術は今までは糖度(Brix)を向上させることでは可能でしたが、解凍時にドリップしてしまい消費者や市場が求めるテイストや品質には程遠い商品だったという、株式会社Pasah。

本商品は従来の「はにわぷりん」のなめらか食感を冷凍してもそのまま再現させるために原材料から見直し改良。約2年間の開発を要し、化学化合物不使用で実現しました。

独自冷凍技術を生かした「はにわぷりん」2年間の開発を経て

レモンゼリー、抹茶、オレンジ風味のカスタードプリンの3層構造で解凍時間を変えることで、フローズン食感から、なめらか食感の味の変化があり、1層目のゼリー部分のエディブルフラワーが時間経過と共に鮮明に表れ、視覚的に楽しむことが可能です。

価格は4個入り(2個は通常カスタードはにわぷりん)4,980円(税込/送料込み)限定500個セット。

食べ終わった容器(陶器)は「未完成ぷりん」というコンセプトとして2次利用を可能とし、部屋のインテリアや観葉植物の容器として利用することもできます。

独自冷凍技術を生かした「はにわぷりん」2年間の開発を経て

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました