メンバーになって投稿してみよう!

【天体】次は5000年後!ネオワイズ彗星を見よう|2020年7月

イベント

2020年3月に発見された新彗星、ネオワイズ彗星(C/2020 F3 (NEOWISE))が7月中旬から下旬にかけて見ごろに。

国立天文台によると「当初の予想よりも少々明るく、7月8日には、明るさは1~2等級で観測されていました。この後は、ゆっくりと暗くなっていくことが予想されますが、しばらくは肉眼でも見える明るさ」とのこと。

この数日、さまざまなメディアやSNS投稿でご覧になられた方も多いのでは。

ネオワイズ彗星とは

3月28日(日本時、世界時では3月27日)に赤外線探査衛星「ネオワイズ(NEOWISE : Near-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer)」により発見されました。

7月4日(日本時、世界時では7月3日)に太陽に最も接近し、彗星活動のピークを迎えました。軌道は、放物線にごく近い楕円軌道で、次に太陽に近づくのは5000年以上先とみられています。

5000年後!

「C/2020 F3 (NEOWISE)」の意味

C/彗星(※周期彗星の場合は「P/」)
2020発見年
F「I」を除いてA〜Yの24個のアルファベット。発見時期により、1月前半=A、1月後半=B、2月前半=C、…12月後半=Y

Fは6番目、つまり3月後半

3発見順
NEOWISE発見者(個人・グループ・衛星)

ネオワイズ彗星の見える位置

月半ばを過ぎると高度が低くなり、見えづらくなります。
7月後半になると、夕方の北西の低い空に見えるようになります。夕方の空では、日を追うごとに地平線からの高度が高くなり、見やすい位置になります。ただし、明るさは徐々に暗くなっていきます。

夕方:日の入1時間後(東京)

日付方角地平高度明るさ
7月15日頃北西約9度約2等
7月20日頃北西約20度約3等
7月25日頃西北西約30度約4等
7月30日頃西北西約36度約5等

一般的に彗星の場合は、同じ等級の星より暗く感じられます。

観察のポイント

市街地の空や、薄明中の空では、空の明るさにまぎれてしまい、肉眼ではとても見えづらい状態。

また、薄雲やもやがある空でも、非常に見えづらくなってしまいます。このような場合には、双眼鏡を使うと見つけやすくなります。

神戸(兵庫県)

©国立天文台 今日のほしぞら

2020年07月23日(木) 20時00分00秒

2020年07月24日(木) 20時00分00秒

2020年07月25日(木) 20時00分00秒

関連

今日のほしぞら

国立天文台(速報)ネオワイズ彗星が明るい(2020年7月)

0

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

  1. アバターtyt deneme より:

    I’m now not positive the place you are getting your information, but good topic.
    I must spend some time finding out much more or working out more.
    Thank you for fantastic info I used to be looking for this information for my mission.

    +1
※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました