メンバーになって投稿してみよう!
おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

かさがた温泉せせらぎの湯(兵庫県神崎郡市川町)で播磨富士の名で親しまれる霊峰”笠形山”からの水と自然で育った地元新米の試食と購入ができる「新米フェア」。

飲食物のイベントということもあり2020年以降、新型コロナの影響で見送られていましたが3年ぶりに開催され、3日間行われる初日の9月23日におじゃましてきました。

接近する台風15号の影響も鑑み、会場をふところ館(温泉)前に移してのイベントがスタート。

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

三連休初日のおでかけスポットということもあって駐車場は近隣の姫路ナンバー以外に大阪や神戸、京都からの車で埋まっていました。

新米フェアでは羽釜炊きの新米とご飯のお供の試食、購入が可能で新米購入者には温泉関連商品がもらえるガラガラ抽選会も。

地元農家を応援すべく、普段温泉内の食事や、名物巻き寿司にも使われている地元産コシヒカリの新米フェアは9月23日から25日の3日間開催されます。

せせらぎの湯「新米フェア」の楽しみ方

イベントで提供される新米は地元市川町上牛尾地区で育ったご当地コシヒカリ。丁寧に羽釜で炊いたものが試食できます。

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

おこげがおいしそう

電気式の炊飯器ではなかなかできないおこげも羽釜炊きならでは。

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

ごはんのお供も試食OK

ふっくら炊き上がった新米はそのままでも美味しいのですがさらに美味しく、味変できる「ごはんのお供」があわせて試食可能。

温泉入り口の物産館で購入できるものもありますが、試食できるのは本イベント中のみのよう。

甘味と旨味の「焼き玉ねぎなめ茸」(540円)、ラー油の辛さと鮭の旨味「ラー油鮭ン(760円)※ラーユジャケン」、朝来市ブランドの岩津ねぎ入りの「焼きねぎしじみ(540円)」、試食人気NO.1という「わさびのしぐれ(650円)」、「梅ザーサイ(540円)」、「ホタテザーサイ(400円)」。

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

よそおう際には手指消毒したあと、使い捨てのポリ手袋で。ひとまず全部試食してみるのがおすすめ。

スポンサーリンク

ガラガラ抽選会

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

「新米」の購入目的であれば袋つめされているものを購入しましょう。購入キロ数にあわせて抽選券がもらえます。

特等はフェアでも販売されている地元の新米コシヒカリ10kg。なお抽選券は新米の購入でもらうことができ、3kgで1枚、5kgで2枚、10kgで4枚といった具合。

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

量は要らない場合は「量り売り」がおすすめ

おこげも美味しい!羽釜炊きでふっくら。ご当地新米を味わうフェア│市川町

会場では名物番頭さんによる「バナナの叩き売り」ならぬ「新米の量り売り」が行われています。引き込まれるその口上は11種類とかそれ以上あるとかないとか。なお金額は一升枡に山盛りで金額は1000円。

試食だけの参加も全然OK、ということなので三連休のおでかけの際に近くを通る場合は立ち寄ってみるのもアリ。( 2022年9月23日~25日 各日、13時~16時 ※雨天決行)

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでコメントが可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは投稿できません
タイトルとURLをコピーしました