メンバーになって投稿してみよう!
Featured Video Play Icon

【Youtuber】ヒカル(Hikaru)|コロナ禍をふきとばす経済爆上げ動画が痛快

ユーチューバー「ヒカル(Hikaru)」さんと言えば金黒のツートンヘアがトレードマークの大物Youtuber。

知名度を一層上げることになった「当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します」という現在再生回数は4000万回を超えるオバケ動画。

この動画で初めて「ヒカル」というユーチューバーを知った方も多いのでは。

実際、自分もそうでしたw

確固たるポリシーや派手なお金の使い方などひとつのエンターテイメントとして楽しめる動画も多くチャンネル登録者は384万人(2020年4月現在)

祭りくじ

夏祭りなどのくじ引きに本当に当たりはあるのか?という「闇をあばく」シリーズ。大人の力を使って検証していく動画はふだん思っていてもできないことをやっていくスタイルは危なかしくも多くの人を捉える事になるのでした。

ただこの動画でなにより驚いたのが日本を代表するユーチューバーが「姫路出身」、つきつめていくと神崎郡市川町出身ということ。

2017年にこの動画でユーチューバー「ヒカル(Hikaru)」の存在を知ったのですが当時は姫路、関西を中心に活動されていた模様。姫路花田の「遊楽舎」店長との絡み動画も掛け合いが面白いんですよね。

店長シリーズ

動画の特徴

「ヒカル」の動画の特徴といえばまず圧倒的なトーク。自称”詐欺師”ということもあるヒカルさんですがYouTubeを始める前は一流の営業マンでもあったそうでそのトークに説得させられてしまう共演者も多々。

一人でいるときでもずっとしゃべり続けている、というのはすごすぎ。

またすべてのトークにテロップが付いている、というのも大きな特徴。

最悪音が聞こえない状況でも動画を楽しむことができます。

最初は

YouTuberというと再生数を稼ぐために炎上込みで話題作りでグレーなことをされる方がいるのも事実。

ちょくちょく迷惑行為などでニュースを騒がせるケースもあったりで最初に見た「祭りくじ」は神崎郡出身のユーチューバーということで気になりつつも少し距離があったというのは事実。

はずれしかない?夏祭りで屋台のくじ引き全部買います!って言った結果

これ、市川町民にはおなじみの市川まつりの会場なんですよね。川小のグラウンド映っているし。「えー」って思ってしました。

でもね

そんな「ヒカル」さんですが動画を見つづけているととずいぶん印象が変わっていきました。

「家族愛や仲間思い、義理堅い」

「やたらとアツい」

「有言実行、行動力がやばい」

本人は「ヒール役」な雰囲気なのですが見続けると違うなーと実感。

カリスマ、教祖と揶揄されることもありますが、すがすがしいぐらいお金に固執しない、たまに子どもっぽい、怖いものが苦手とところも見てて印象が爆上げ。神崎郡民として勝手に応援という。

ご興味がわいた方はユーチューバー「ヒカル(Hikaru)」のチャンネルを。

ユーチューバー「ヒカル(Hikaru)」チャンネル

ヒカル(Hikaru)
どうも、こんにちはヒカルです。 このチャンネルでは都市伝説や、心霊体験(ホラー)、他には実験検証、ドッキリ、カード開封、UFOキャッチャー、1000円ガチャなど楽しそうなことを中心に動画をアップしています。 ヒカルゲームズという集団でも活動しているので、 気になったら検索してみてください。

コロナ禍をふきとばす経済爆上げ動画

さてそんなヒカルさんですが最近多い芸人の宮迫さんと絡んだ動画。

先日アップロードされた動画がこのページのトップにもある動画「大スター宮迫とヒカルをテレビCMに出してくれと上場企業の社長に直談判してみた」

あらすじ

ヒカルさんは約2000ブランドを取扱う靴や衣料品の通販サイトを手がける「株式会社ロコンド」へ。

自らアパレルブランド「ReZARD リザード」を手がけるヒカルさんはロコンドにコラボ商品を提案。

加えて今までにTVCMに出たことが無い自分(ヒカル)を初めて使ってみませんか?と切り出し、ロコンド社長にサプライズで宮迫さんを連れてくるという。

現在の宮迫さんの状況を踏まえCM撮影に及び腰の社長に「コラボ商品売り切ったらCMしましょう」と提案。

さてさて。

通販サイトで販売が始まるとロコンド通販サイトはアクセス過多でサーバーダウン。

ロコンド社長は「LINE砲でもヤフーニュースでも(サーバーは)落ちなかったのに」と驚きとともにヒカルさんに白旗。

新型コロナの影響で生活必需品以外の購入の買い控えがある中、ロコンド社のコラボ商品は3日で2億円を売上、株価が17%もあがる事態に。

おそるべし「ヒカル砲」

コロナ、コロナで欝になりがちな話題も多いですが見ていて痛快でした。

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

この記事を書いた人
うさ(仮)

いいものタウンの中のWeb担当。兵庫県商工会連合会、登録専門家。おもにIT系ニュースやインターネット、SNS、PCのトラブルの話題を発信しています。

Follow
ホームページ制作・運用サポート
エンタメ
いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました