市川町怪和譚 第六夜 | 赤子橋

(画像・情報:市川町観光協会さんより)

~赤子橋~ ぶらり市川68P 下瀬加

【下瀬加の岡部川と御船川が合流する付近に赤子橋と呼ばれる橋が架かっています。この橋には不思議な言い伝えが残っています。
ある時、川のなかから赤ん坊の泣き声が聞こえるようになりました。村人たちはたまらずに川の中へ入っていくと、一つの石が泣いているではありませんか。人々は驚き、赤ん坊の供養をして、その石をおまつりしました。
それは、現在も下瀬加天満神社の本殿の北側に石神様としてまつられ、どんな事でも一つだけは願い事をかなえてくれるそうです。】

ほうほう、瀬加の天満神社ですか………あっれー!?去年私ウォーキングで行ったぞう!?
知らない間に不思議スポット現地訪問していたみたいです。(`・ω・´;)

訪問した時に見つけた看板に『障神社』って書いてあったので、字面でヒェッ…っと何か怖いものが祀られているのだろうかと思っていたのですが、逸話を聞くと「なんや!えぇ神さんなんやね!」と一気にイメージが払拭されました…我ながら単純です…(*´ェ`)

どんな願い事も一つだけ叶えてくれるだなんて凄いご利益ですね。これは心して願いごとを……………………しまった、私もうウォーキングの時に参拝してるかもしれない…orz

皆さんが参拝するときは是非事前にじっくりお願い事を練ってきてくださいね(`・д・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です