市川町怪和譚 第一夜 | キツネを騙した吾平さん

(画像・情報:市川町観光協会さんより)

梅雨が明けたら一気に本格的な夏の到来の予感…というわけで、いっちょ夏っぽいお話でもしましょうか!
市川町怪和譚~(ФωФ)キャー!ドンドンパフパフ!(セルフ盛り上げ)

第一夜は「キツネを騙した吾平さん」ぶらり市川97p!
屋形地区のお話です。
【昔からキツネに騙されたという話はよく聞きますが、屋形の吾平さんはまんまとキツネを騙したと言い伝えられています。
屋形飯盛山の白キツネは、暗夜に幽霊に化けて、人を驚かせたり、いろんないたずらをして喜んでいました。
ある時吾平さんが、夕暮れに馬を引いて歩いていたところ、旅姿の女性が現れて馬に載せてほしいと頼んできます。
吾平さんは気の毒に思い乗せてあげましたが、なんとその女性のお尻には尻尾がありました。
五平さんがその尻尾をつかまえて焼火箸を押し当てると、キツネは飛び上がって驚いて、飯盛山めざして逃げて行ったということです。】
(「ふるさと屋形の歴史」より)

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン地域情報サイト「いいものタウン」
いいものタウンは「みんなでつくる」兵庫県神崎郡を中心とした情報サイト。地域のイベントやグルメ、暮らしの情報など、日常のチョット気になる情報をあつめました。

マツモト自動車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。