メンバーになって投稿してみよう!

【朝来市】伝統文化を次の世代へ。生野中学校で「生野おどり」講習会

【朝来市】伝統文化を次の世代へ。生野中学校で「生野おどり」講習会
ニュース

生野中学校(朝来市)の全校生51人を対象に7月5日(月)、生野地域に伝わる「生野おどり」の講習会が開催されました。

講習会は兵庫県指定による、小学校と連携して取り組む「伝統文化の学びの充実事業」として開催、生野地域に伝わる「生野おどり」の講習会を通じ、伝統文化を次の世代に継承していくことを目的としています。

「生野おどり」は9月に開催予定の体育祭で、生演奏に併せて地域の皆さんと一緒に踊る予定。

情報・画像:©ちゃすりん なう(兵庫県朝来市)

「生野おどり」とは

生野銀山が徳川幕府の直轄地となり、生野代官所がおかれた際、徳川時代の山師(生野銀山で銀を掘る権利を持った人)が坑夫の労をねぎらうことや、鉱山で亡くなった人の供養のために京都からおどりの師匠を招き振り付けされた、と伝わる踊り。

 

0

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました