身近な話題を投稿してみよう!

神河町で新設。JR播但線の路線利用促進補助金制度。最大3,000円の補助金

播但線

神河町は、JR播但線の利用を促進するために、新たにJR播但線利用促進補助金制度を創設。

この補助金制度は、65歳未満で、2人以上でJR播但線の新野駅、寺前駅、長谷駅のいずれかを発着地として往復利用する方、または65歳以上で同様に往復利用する方、その他町長が適当と認める方が対象となります。

補助金の額は、補助対象経費に2分の1を乗じた額で、1人につき同一月内3,000円が上限。

申請には、神河町JR播但線利用促進補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)と普通乗車券等の利用区間、補助対象経費の額を証する書類が必要となります。

「JR播但線は、通勤・通学、買い物など住民の暮らしに欠かせない路線であり、観光など交流人口の拡大や災害時におけるリダンダンシーを確保するためにも必要不可欠なものです。今後も移動手段の一つとしてJR播但線を維持・存続させるため、ぜひこの機会にJR播但線を利用してください」、と神河町。

あわせて神河町住民向けに「特急はまかぜ利用促進補助金」も創設されています。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました