【福崎町】三木家資料保存ワークショップ|下張り文書をはがしてみよう

三木家住宅のふすまの下張りに使われた文書をはがし、資料として保存する作業を行います。

大人から子どもまで、誰でも簡単にチャレンジできますので、地域の資料に触れる貴重な体験をしてみませんか。(参加無料)

下張り文書

昔のふすまや屏風、壁には、補強や断熱などのための下張りに、反故紙(帳簿や手紙、書付などの使い古した不要な紙)を使用していました。

三木家資料保存ワークショップ

11月1日(日) 10:00~11:30 歴史民俗資料館2階
11月22日(日) 13:00~14:30 文化センター小ホール
12月11日(金) 10:00~11:30 歴史民俗資料館2階

■対象者

小学校5年生以上

■定員

各回10名程度

申し込み・問い合わせ

福崎町役場社会教育課

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウンいいものタウン
インターネットを使った販売(通販)やIT化支援(ホームページ作成や分析)ならご相談ください。
地域内の情報発信サポートのかたわら見つけた地域の情報の発信を行っています。