身近な話題を投稿してみよう!

立体的に見える!古法華石仏(国重要文化財)の実物大タペストリー│加西市

立体的に見える!古法華石仏(国重要文化財)の実物大タペストリーがお目見え│加西市

古法華寺(加西市)に収蔵されている国重要文化財である古法華石仏の実物大タペストリー。

タペストリーは、画像スキャナの技術を応用した特殊なカメラで撮影されており、立体的に見えるもの。古法華自然公園内のアトリエ館で見ることができます。

アトリエ館

アトリエ館

画像:©加西市観光協会

古法華石仏は約1300年前の白鳳時代に彫られもので、石造彫刻中央には如来倚像、その左右には菩薩像、三重塔が彫られています。本物が見たいという方は1週間前までに連絡すれば鑑賞可能で拝観料は200円。連絡先 0790-42-8823(加西市観光案内所)

古法華寺

所在地〒675-2342 兵庫県加西市西長町1096

COMMENT

※「おでかけ」カテゴリー内

妖精が顔出すパンケーキ専門店「こびとぱん福崎店」
投稿機能
タイトルとURLをコピーしました