メンバーになって投稿してみよう!
史跡 生野銀山

【生野銀山】御来山印が5種登場|天下人の歴史とあわせて

生野銀山に御来山印が登場。

神社や寺院において、納経、参拝の証として押印される印章・印影「御朱印(ごしゅいん)」。御朱印集めがブームとなっていますが、近年ではお城の「御城印」「御船印」も登場しています。

御来山印は御朱印「山」版といったところでしょうか。但馬守護 山名祐豊、太田垣朝延(竹田城主)、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の家紋をあしらった五種類で各300円。

【生野銀山】御来山印が5種登場|天下人の歴史とあわせて

スポンサーリンク

史跡 生野銀山

生野銀山は、竹田城を築いた但馬の守護大名山名氏が室町時代に開坑、その後、竹田城主を勤めた太田垣氏が銀山を守り、戦国の世以降、かの織田・豊臣・徳川それぞれの直轄鉱山として、時の政権の財政を支えたと言われています。

スポンサーリンク

歴史

  • 807年 銀が出たと伝えられる
  • 1542年 但馬守護職・山名祐豊(すけとよ)が銀石を掘り出し、開坑の起源
  • 1556年 太田垣朝延、祐豊から銀山の領有権を奪取
  • 1579年 織田信長代官を置く
  • 1583年 豊臣秀吉代官を置く
  • 1601年 徳川家康は、但馬金銀山奉行を配置、佐渡金山、石見(いわみ)銀山と並び天領として徳川幕府の財政を支える
  • 1716年 「生野代官所」が置かれ、やがて生野銀山は第八代将軍・吉宗の頃に最盛期
  • 1868年 日本初の官営鉱山(政府直轄)
  • 1890年 生野鉱山と佐渡鉱山が皇室財産に移され、宮内省御料局の所管に
  • 1897年 三菱合資会社に払い下げられ、以後、三菱の経営で国内有数の大鉱山として稼働
  • 1973年 閉山
  • 1974年 観光施設として史跡・生野銀山が開業

※生野銀山公式「生野銀山の沿革」、朝来市「竹田城の歴史

 

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでコメントが可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは投稿できません
タイトルとURLをコピーしました