身近な話題を投稿してみよう!
おでかけ

花手水も楽しめる!祝融山多聞寺の桜が見頃│加西市

花手水も楽しめる!祝融山多聞寺の桜が見頃│加西市

祝融山多聞寺(加西市)の桜が見頃に。

加西市観光協会によると、最近は多聞寺の花手水がSNSで話題になっているのだとか。今は淡い色味の春カラーになっています。

花手水も楽しめる!祝融山多聞寺の桜が見頃│加西市

祝融山多聞寺の花手水

祝融山多聞寺

花手水も楽しめる!祝融山多聞寺の桜が見頃│加西市

「黒田二十四騎」の一人、後藤又兵衛基次公と関連が深い祝融山多聞寺。

元和元年(1615)5月6日武将としての本懐を遂げ討ち死にした後藤又兵衛基次公。その翌年の元和二年(1616)に、又兵衛の三男佐太郎(太郎正方)が父を弔うために、尾崎村の岩本勘兵衛家から土地の寄進を受け、又兵衛の命日(5月6日)である一周忌に合わせて多聞寺を建立開創しました。(多聞寺ホームページより)

所在地兵庫県加西市尾崎町288

画像:©加西市観光協会

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました