身近な話題を投稿してみよう!
chai

自宅で作れる!本格チャイの作り方

八千種研修センター和室にて、毎週火・木曜日ヨガレッスンをしているヨーガ教室ONEのMayoです。

インドでは、あちこちでチャイの屋台があり、長距離バスや列車でも駅についたら売り子さんがチャイを売りに来てくれます。しかも、病みつきになるくらい本当に美味しい!!

インド滞在中に習った料理教室で、美味しいチャイの作り方も教えてもらいました。

日本に帰ってから早速作ってみると・・・何かが違います。材料の素材が違うようです。

例えば、インドの紅茶の葉は茎が使われていて少量でも濃いお茶が出来る、インドでは真っ白の砂糖が使われているが日本で私が使う砂糖はきび砂糖/てんさい糖/黒糖、日本とインドでは売られているシナモンの種類が違う、など。

そこで、元のレシピをベースにs、本場インドのチャイを再現できるレシピを作りました。

今日は、本格チャイの作り方を紹介します!

チャイスタンド

《材料》~4人分~

《材料》 4人分

  • 水 2・1/2カップ
  • 牛乳 1・1/2カップ
  • しょうが すりおろし→大さじ1 or  スライス5枚くらい
  • グリーンカルダモン(ホール)6粒(包丁の柄でつぶすか、キッチンバサミで少し刻む)
  • シナモンスティック 1本(あれば)
  • クローブ(ホール)5粒くらい
  • ブラックペッパー(ホール)10粒くらい
  • 紅茶の葉 大さじ2
  • 砂糖 大さじ4
スパイスは、全て揃えなくてもOK。①しょうが+グリーンカルダモン ②しょうが+シナモンスティック の組み合わせだけでも十分美味しいです。
紅茶の葉の種類は「紅茶なら何でもOK」と習いました。私はアッサムにしていますが、ダージリンでも美味しいそうですよ。
牛乳は、お好みで豆乳でもOK。
シナモンは粉末状のものでもOK。その場合、小さじ1/4を入れてください。
砂糖は、大さじ2くらいにすると甘さ控えめになります。
しょうがの量は上の分量を目安に、お好みで加減してください。多めだと、ピリリと大人の味。
スパイス
↑ブラックペッパー、撮り忘れました・・。

本格チャイの作り方

①鍋にお水  2・1/2カップ+砂糖大さじ4+準備したスパイスを入れて、沸かします。

水とスパイス

②紅茶の葉を大さじ2加えて、少しふつふつ茶葉を躍らせたら、牛乳 1・1/2カップを入れて、2分間ほど煮ます。

チャイ、牛乳入れたとこ

↑牛乳を入れてすぐのところ。

チャイ煮立たせる

↑ふつふつと煮立たせているところ。1、2回ぶわっと沸騰させてから弱火にする方法もあります。ぶわっと沸騰させすぎると渋みが出るので注意。

 

③茶こしで濃して茶葉とスパイスを取り除き、コップに注ぎます。

 

④美味しいチャイの出来上がり!

チャイ完成

↑いつもは大きなマグカップに入れて飲んでいます♪

スパイスで免疫力アップ!

チャイには、様々なスパイスが入っているので手軽にその効能を得ることができます。

日本では「寒い夜には生姜湯を飲む」「のどが痛ければねぎを喉に巻く」といった、いわゆる『おばあちゃんの知恵』のような昔から伝わる民間療法/家庭の医学があります。

ハーブやスパイスも同じで、病気にならない体作りのために長い歴史で培われてきた植物療法です。

インドでは、たくさんの種類のハーブやスパイスが山盛りに積まれており、量り売りで売られています。

しょうが‥血液循環を良くして体を温め、冷え改善・風邪症状の緩和。乗り物酔いやつわりの吐き気抑制
グリーンカルダモン・甘くて芳香な香りがあり「スパイスの女王」と言われている。消化促進・口臭予防に
クローブ・和名は「丁子」。中国でも古くから医薬品として使われてきた。抗菌作用・痛み止め・整腸作用
シナモン・旧約聖書に登場するほど古い歴史をもつ。冷えからくる風邪・下痢・生理痛を緩和、胃を整える
ブラックペッパー・・唐辛子よりは柔らかい辛味がある。健胃作用・消化促進

ちなみに、インドのシナモンはスリランカ産のセイロンニッケイの樹皮(セイロンシナモン)で、日本で売られているのは中国やベトナム産の桂皮の樹皮(カシア)だそうだよ。

スパイス量り売り

スパイス香る本格チャイで、体の芯までぽっかぽか

時間をかけずに本格チャイ、いかがでしたか?
ぜひ、チャイの作り方をマスターして
寒い冬の朝や夜も体の芯から温まって、おうちでぽかぽかのリラックスタイムを楽しんでくださいね。

参照:自然派インド料理ナタラジレシピブック Nataraj著

:アロマ&ハーブの教科書 佐々木薫著

COMMENT