身近な話題を投稿してみよう!

【アファメーション】自分を変えたい人へ。前向きな言葉を習慣に

heart

八千種研修センター和室にて、毎週火・木曜日ヨガレッスンをしているヨーガ教室ONEのMayoです。

もう12月。やっと12月。皆さまはどんな日々を過ごされているでしょうか。

時間の長さは命の長さ。1日1日を大切に過ごしていきましょう。

さて今日は、私が毎日の習慣にしている「アファメーション」をご紹介しようと思います。

①「アファメーション」とは?

「アファメーション」とは直訳すると「なりたい自分を目指すための、ポジティブな宣言(言葉)」です。

自分自身に対してポジティブな言葉をかけてあげることで、潜在意識に働きかけ、自身の可能性や行動力を引き出してくれます。

その結果、理想の自分に近づいたり、人生を望む方向へ変えていくことができるもの。

それが「アファメーション」です。

 

②アファメーションのメカニズム

アファメーションには、2つのメカニズムがあります。

1つ目は潜在意識の働き、2つ目は脳の思い込みです。

潜在意識のはたらき

人間の意識のうち、自分の意志で決めたり悩んだりしているのは脳の働きの10%だけで、

人生の90%は無意識の領域である潜在意識が働いています

つまり、自分は意識していないのに、脳が自然と今までの知識や経験・記憶や印象などに基づいて行動したり、意思決定をしたりしているのです。

ですので、良いイメージを潜在意識に働きかけると、それが自然と行動に現れたり、ポジティブ思考になれたりするわけです。

subconscious

脳の思い込み

脳は頭で考えていることを本当だと思い込みます。

つまり、想像していることや口に出したことを本当に起こっていることだと信じ込んでしまうのです。

例えば、自分で自分に「わたしは本当にダメだなぁ」「仕事ができるあの人みたいに絶対なれない」など、無意識のうちに自分を否定する言葉をいつも頭の中で巡らせていると、脳はそれを本当のことだと判断するのです。

逆に、自分が「大丈夫。なにを選択しても間違いはない」「失敗は誰でもする。次、頑張ろう」など、自分にポジティブな言葉をかけてあげると、やはり脳はそれを信じるわけです。

そして、周りがどんな言葉を発しようと、自分に一番近くで話しかけるのは、この自分です。

自分の頭の中の言葉がどれだけパワフルに影響するか、ご想像できると思います。

これって、まるで言葉に魂が宿る『言霊(ことだま)』みたいだね!

③アファメーションの効果

潜在意識が90%を占めることと脳が頭の中の考えを本当だと思い込むこと、それを上手に利用したのがアファメーションです。

ポジティブな言葉や考え方を潜在意識に働きかけ、自分自身に言い聞かせることで、今まで自分を否定していた言葉が肯定的な言葉へと上書きされていきます。そしてアファメーションは、こんな効果をもたらしてくれます。

  1. 自信がつく
  2. 実力を発揮できる
  3. 可能性を引き出せる
  4. 失敗しても、前向きに対処できる
  5. やる気や積極性が出る
  6. 行動力が出てくる
  7. 理想の自分に向かって、今すべきことがわかる

これらは全て繫がっていて、自信がつくから積極性が出たり、行動力が出てきたから実力が発揮できたり、良い影響を与え合っています。

また、心の状態は身体にも現れます。例えば、自分を追い込んでいると呼吸が浅くなったり、体が緊張してこわばったりしています。

アファメーションで自分を信じてあげられていると、常にゆったりとした穏やかな呼吸になり、ちょっとしたことでも動じなくなる、という効果もあります。

heart

④こんな人におススメ!

アファメーションは、少し前に流行った「引き寄せの法則」の方法のひとつにも使われています。

実は、アファメーションは脳科学的にも証明されているもので、サッカーの本田圭佑選手やゴルフの石川遼選手といったスポーツ選手や有村架純さんや中谷美紀さんといった芸能人も活用されています。

こういった悩みをお持ちの方におススメです。

  • 自分に自信がない
  • 否定され続けて育ってきた
  • 上手くいかないと、自分を責める
  • 「どうせ私/僕なんて」が口癖
  • 人と比べることに疲れた
  • 自分の理想像に近づきたい

⑤アファメーションのやり方

それでは、実際に始めてみましょう。

まず、1つ覚えておいてください。

潜在意識は、1日では変わるものではありません。

まずは3日間。達成できれば7日。次は14日間を目指し、最終的には21日間を目標に続けてみましょう。

紙に書いて貼る

①『元気に前向きになる言葉/励まされた言葉』や『なりたい自分』を決めて、紙に書き出す

②目につくところに貼り、毎日視界に入れる/口に出して発する

口に出すことで聴覚、目で見て視覚、書き出すことで触覚といった感覚器官からも認識することができ、感情を整理しやすくなります。

YouTubeなどで聞く

これは、私が個人的にやっている方法です。

YouTubeで「Affirmation」で検索し、いろいろと試してみて自分の心に響くものを選びました。イヤホンで聞くと集中力が高まり、さらに効果アップです。

潜在意識が受け入れやすいタイミングは、一日が始まる前の目覚めた直後と、一日が終わり静まった眠る前。どちらも出来るならより効果的ですが、どちらか1回でも大丈夫。

1日1回でも5分でも「アファメーションを聞く」ということに意味があります。

 

⑥アファメーションをする際の注意点

難しいルールはありませんが、自信喪失したり逆効果にならないために、以下のことに気をつけましょう。

始めは思い付きにくいかもしれませんが、それを前向きな文章を考えること自体が自分を肯定する練習になります。

  • 文章は「わたしは」から始める。(自分へのメッセージなので、他人を変えようとする言葉は避ける)
  • シンプルな言葉にする
  • 否定的な表現は避ける(NG:困らないようにする→OK:恵まれている、NG:太らない→OK:スタイルがよい)
  • 現在形の文章にする(NG:人前でも堂々と出来る人になりたい→OK:人前で堂々としている)
  • 目標が変われば、言葉も変えてOK
  • 現実とあまりにもかけ離れた言葉は避ける(本気で信じることができず、どこかで「無理だ」と思っている自分がいる)

note

⑦まとめ

このマザー・テレサの有名な言葉に、以下のようなものがあります。

思考に気をつけなさい
それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい
それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい
それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい
それはいつか運命になるから

つまり、『頭の中で考えていることが運命を変える』ということです。

「絶対出来ない」「どうせ無理」ではなく、「大丈夫」「やってみよう」という気持ちでいると、今置かれた状況で何ができるか・何をしたいのか、というアイデアが自然と湧き上がってきます。でも、今までの思考回路から変えていくのは少しの時間と練習が必要です。前向きな思考癖へと変換できたら、こっちのもの。今までと同じ出来事が起こっても、明るく見えてくることでしょう。

初回公開日:2021年12月03日

暮らし知る
いいものタウン

COMMENT

福崎町文珠荘|播磨平野を一望するお食事と癒しの湯
メール会員募集
タイトルとURLをコピーしました