地域とトレンドをつなぐ情報サイト|いいものタウン

供給が追いついてきている!?不織布マスク価格が下降中

衛生マスク転売規制 15日0時から

新型コロナウイルス拡大とあわせて一般的な花粉用マスクなども品薄状態がつづき価格が高騰。

2020年3月15日には転売目的での買占めを防ぐため国民生活安定緊急措置法に基づくマスクの転売規制(いわゆるマスク転売禁止法も施行され、大手電気メーカーなど異業種からのマスク生産などで供給が安定するかと思っていましたが4月末現在でも兵庫県神崎郡内では一般小売店の店頭で見かけない状態。

もともと不織布マスクについては中国など海外での生産が大部分でしたが新型コロナウイルス拡大で生産ラインが停止などで供給不足となっていましたがどうやら4月中旬以降、生産数がもどりつつあるもよう。

4月当初は一般向けな不織布マスクは50枚で約3,000円が販売の相場(1枚あたり約60円)。

記事を公開した4月末では50枚2,000円を切ると「安い!」という印象でしたが5月も下旬になり50枚1,000円を切る商品も。

次ページ:「1枚あたりの単価が安いマスク※2020年5月26日追記」

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントは一般公開されます。メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能です。
※個人情報の記入はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました