地域とトレンドをつなぐ情報サイト|いいものタウン
暮らし

【兵庫県】特別措置法に基づく休業要請(使用停止)を行った店舗を公表

隣接する大阪府では24日に休業要請応じないパチンコ、スロット店の店名が公表された事は記憶に新しいところ。

兵庫県でも27日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく施設の使用停止(休業)の要請を行った6施設を公表しました。井戸知事は店名の公表について「(緊急事態宣言下での)地域の人々や利用者の自覚を促すため」と説明。

公表による認知度向上により逆に外出の一助になるのでは、といった声も。

スポンサーリンク

兵庫県より

兵庫県では新型コロナウイルス感染症の防止対策のため、兵庫県緊急事態措置により、令和2年4月15日から感染の拡大につながるおそれのある県内の施設に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく、施設の使用制限等の協力要請を行ってきました。

令和2年4月27日現在において、施設の使用制限等の協力要請に応じていないことが確認されたので、同日付で、同法第45条第2項に基づく施設の使用停止(休業)の要請を行うこととしました。この旨、公表します。

施設名

所在地

要請の内容

要請の理由

フェニックス新在家

神戸市灘区新在家北町

施設の使用停止

(休業)

新型コロナウイルス

まん延防止のため

フェニックス摩耶店

神戸市灘区味泥町

ぱちんこ村

豊岡市寿町

ワールドカップ

豊岡市土渕

ワールドカップⅡ

豊岡市土渕

山光会館

佐用郡佐用町横坂字塚ノ元

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントは一般公開されます。メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能です。
※個人情報の記入はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました