身近な話題を投稿してみよう!

アートの力で防災をもっと身近に。消火器なのに見せたくなる「アートな消火器」が1月発売

アートの力で防災をもっと身近に。消火器なのに見せたくなる「アートな消火器」が1月発売

株式会社Casieが運営する絵画レンタルサブスクリプションサービス「Casie」に参画するアーティストの作品をデザインした消火器「アートな消火器」が1月17日(水)に発売決定。

「アートな消火器」の誕生背景

◆建物火災の最多割合を占める住宅火災

総務省消防庁による『令和4年版 消防白書』によると、発生した建物火災の55.9%が住宅火災で、最多。主な原因としては、たばこやコンロ、電気機器からの出火が多くなっています。

◆消火器による「初期消火」が火災に有効

火災が起きてしまったとき、被害を最小限に抑えるために何よりも大事なのが、早い段階で火を消す「初期消火」です。初期消火に最も多く使用されているのは消火器で、成功率は75.7%(東京消防庁管内のデータ(2019年中)より)。万が一火が出てしまった場合にも、消火器を使うことで大惨事を防げる可能性が高まります。
ただし、使用率は18.9%(総務省消防庁『令和4年版 消防白書 』より)と低く、必要なときに十分活用しきれていないのも現状です。消火器の備え次第で、初期消火の明暗は分かれます。

◆「隠しておきたい非常時のアイテム」から「見たい・見せたい実用アート」へ。防災意識を高めて安心な暮らしを提供

オーソドックスな消火器といえば、学校や公共施設などに置かれている真っ赤な見た目のもの。住宅用消火器がすでにあるお家でも、見栄えが気になって普段は目につかない場所に隠してしまっている場合もあります。

しかし、いざという時にすぐ取り出せる場所にあってこそ、本来の消火器の役割を果たすことができるのはいうまでもありません。さらに、普段から目に付く場所に消火器を置いておくことで、自然と防災意識を持つことにも繋がります。

日々の暮らしをより豊かに、安心できる「機能」を纏わせた「アートな消火器」は、手に届く場所に日頃から置いておきたくなる消火器を目指しました。

アートの力で防災をもっと身近に。消火器なのに見せたくなる「アートな消火器」が1月発売

消火器の購入が、アーティストへの還元に

「アートな消火器」は購入した金額の一部がアーティストに還元される仕組みとなっています。
消火器を手にすることで、アーティストの新しい制作活動をサポートすることができ、これが結果的に国内の文化芸術の発展にも寄与します。

アートの力で防災をもっと身近に。消火器なのに見せたくなる「アートな消火器」が1月発売

商品情報

アートの力で防災をもっと身近に。消火器なのに見せたくなる「アートな消火器」が1月発売

商品名アートな消火器
価格16,500円(税込)
販売経路オンラインショップ

※時期によって販売する絵柄が変化します。ご購入の際にご確認ください。
※2024年1月発売のモデルは、上記写真のデザインです。

COMMENT

マツモト自動車
ねこさんの部屋
タイトルとURLをコピーしました