メンバーになって投稿してみよう!
【養父市】9月15日よりデジタル地域通貨の導入を開始

【養父市】9月15日よりデジタル地域通貨の導入を開始

兵庫県養父市と株式会社トラストバンク(以下「トラストバンク」)が9月15日より、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を活用し、デジタル地域通貨の導入を開始。

養父市は、デジタル田園都市国家構想Type2において、「養父市デジタルヘルシーエイジング事業」を進めています。これは、人口減少により、地域での生活領域における支え合いの基盤が弱まっている中で、健康情報や遠隔での行政手続または相談ができる窓口等の各種サービスと連携することで、ウェルビーイングを目指すものです。

今回、その取り組みに先がけて新型コロナウィルス感染症の影響による地域経済の低迷を緩和するとともに、地域における消費の喚起や下支えすること、並びにクーポン券をデジタルクーポン化することにより加速するデジタル社会に対する意識の高揚を図ることを目的に、「みんなで使って応援!養父市デジタルクーポン事業」として5,000円分のデジタルクーポンを付与した地域通貨カードを全市民対象に配付されます。

スポンサーリンク

デジタルクーポン概要

事業開始日2022年9月15日
地域通貨名称みんなで使って応援!養父市デジタルクーポン
地域通貨単位ポイント(1ポイント=1円)
通貨利用可能店舗(数)159店舗(9月8日時点)
配布対象者養父市民
配付時期9月5日から
配付額1枚につき5,000円相当のポイントが付与されています

 

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました