身近な話題を投稿してみよう!
兵庫県北部地域のアウトドア観光をDXで支援。「Re:share」が2023年5月8日よりスタート

兵庫県北部地域のアウトドア観光をDXで支援。「Re:share」が2023年5月8日よりスタート

アップかんなべスキー場等を運営するアドバンス株式会社が、若杉高原開発企業組合等と協力し、DXでアウトドア観光を支援するサービス「Re:share」を2023年5月8日(月)より開始。

Re:share設立の背景

兵庫県北部(豊岡市、養父市、宍粟市など)は、美しい自然に恵まれ、キャンプ場は57施設(※1)、スキー場が10施設(※2)など多くのアウトドアスポットが存在し、アウトドアレジャーを楽しむ人々のニーズを満たしています。特に、新型コロナウイルス感染症の影響で、屋外レジャー需要が高まる中、アウトドアスポットは観光としての集客力もある大事なものとなっています。

そのため、兵庫県北部のアウトドアの情報発信力や認知度、ブランディングを高め、地域のアウトドア観光を支援することが必要とされています。このような背景から、「Re:share」というプロジェクトが立ち上げられました。

※1:キャンプ場サイト「なっぷ」より
※2:スキー場サイト「SURF&SNOW」より

Re:shareサービス概要

公式LINEを用いて、一括した情報発信

登録しているユーザーは、兵庫県北部地域の9つのキャンプ場と3つのスキー場キャンプ場の空き情報やスキー場の情報、季節に応じたイベントの情報等を一括して手に入れることができます。

兵庫県北部地域のアウトドア観光をDXで支援。「Re:share」が2023年5月8日よりスタート

公式LINE運用イメージ

アウトドア情報サイト Re:share
リンクを開くにはこちらをタップ

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です

キャンプ場やスキー場のクーポンが抽選で当たる

現在、「Re:share」は9つのキャンプ場と3つのスキー場が加盟しています。公式LINE上で、毎月異なるキャンプ場の無料利用クーポンやスキー場のリフト券が抽選でプレゼントされ、各施設を巡ることで新しいアウトドアスポットの発見や自然環境を満喫することができます。

日本初!AIを用いてキャンプ場やスキー場にダイナミックプライシングを導入

加盟施設のキャンプ場やスキー場において、AIを活用したツールを導入し、ダイナミックプライシングを実施する予定。これにより、顧客はより公正な価格でサービスを受けられるようになるとともに、各施設の稼働率が高まり、収益性の向上につながると期待されます。

加盟施設 (2023年4月末時点)

キャンプ場

・若杉高原おおやキャンプ場
・神鍋高原キャンプ場
・湯の原温泉オートキャンプ場
・くるみの里キャンプ場
・Tokura Base Camp
・どんぐりbase
・天滝公園キャンプ場
・煙神キャンプヴィレッジ
・但馬空港キャンプ場

スキー場

・若杉高原おおやスキー場
・アップかんなべスキー場
・ばんしゅう戸倉スキー場

アクティビティ

・うえ野平アクティビティ
・神鍋そらんど
・植村直己冒険館
・テントサウナ(くるみの里/あゆ公園)
・星空ハイキング(若杉高原おおやキャンプ場)

◯その他
アウトドア施設からの相談等を随時受け付け。

問い合わせ先

TEL070-1230-6777
Emailhanada@kannabe.co.jp
LINEhttps://lin.ee/69xe3Li

 

COMMENT

いいものタウン

いいものタウン(メディア事業部)

兵庫県まんなかエリアを中心にショップや企業からのニュースリリースや新サービスをメインに発信しています。
運営:株式会社いいものタウン(所在地:神崎郡福崎町福田116-1 福崎町商工会館内)

Follow
投稿機能