地域とトレンドをつなぐ情報サイト|いいものタウン
【話題】アマビエの次は?厄病除け・予言妖怪が気になるイベント

【アマビエ様来館】特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」|兵庫県立歴史博物館

コロナ禍にあって一躍その名が知れわたるところとなった妖怪「アマビエ」。

「アマビエ」の姿として紹介されることの多い、江戸時代の瓦版に描かれた「アマビエ」(京都大学附属図書館所蔵)が兵庫県立歴史博物館(姫路市)で展示中。

ねこさん
7月にはいって新型コロナウイルス感染の報がじわじわと増える中、収束を願うのもアリ。

興味深いところではドラクエやFFの「スクウェアエニックス」からリヴァイアサンの展示も。

スポンサーリンク

妖怪「アマビエ」

今から約170年前に熊本県の海中に突如、姿を現した半人半魚の妖怪「アマビエ」。豊作を疫病の流行を予言し、「疫病が流行った際には私の写しを見せるように」と言って姿を消したと伝えられています。

新型コロナウイルスが拡大するなかSNSでは漫画家・水木しげるさんが書かれたアマビエがアップロードされ一躍話題に。

肥後の国海中の怪(アマビエの図)

トップ画像:京都大学附属図書館所蔵

特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」

会場:兵庫県立歴史博物館 ギャラリー他

兵庫県立歴史博物館

公式サイト

  • 所在地: 〒670-0012 兵庫県姫路市本町68
  • 電話: 079-288-9011

詳細

会期令和2年(2020)6月23日(火)~8月16日(日)
開館時間午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料金大人:1,000円
大学生:700円
70歳以上:500円
障がい者:250円

・高校生以下は無料です。
・障がい者1人につき介護者1人は無料

展示構成と主な出品資料

展示構成

第Ⅰ部 想像界の生物相

1 水
2 天
3 地
4 驚異の部屋の奥へ

第Ⅱ部 想像界の変相

1 見る
2 知る
3 創る

主な展示資料

  • 人魚のミイラ(ライデン国立民族学博物館蔵)
  • 肥後国海中の怪(アマビエの図)(京都大学附属図書館蔵)
  • アルドロヴァンディ著『怪物誌』(国立民族学博物館蔵)
  • カズウィーニー著『被造物の驚異』(国立民族学博物館蔵)
  • イッカククジラの牙(国立民族学博物館蔵)
  • 河童の頭(明石市立文化博物館蔵)
  • 淡路人形 九尾の狐(兵庫県立歴史博物館蔵)
  • 件の剥製(個人蔵) ※姫路展のみの出品
  • 無支祈図(個人蔵)
    ※姫路展のみの出品、孫悟空のモデルとなった怪物「無支祈」を描いた絵、初公開
  • ドラゴン骨格標本(江本創氏制作)
  • 「異類の行進」(五十嵐大介氏画)
  • リヴァイアサン模型(スクウェアエニックス蔵)

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントは一般公開されます。メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能です。
※個人情報の記入はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました